English

お問い合わせ

アラート制御ソリューション SHERPA-IR

システム監視ツールで検知したアラートを集約してインシデント管理に自動登録
運用オペレーターの負荷を劇的に軽減し、運用効率化を実現するソリューション

SHERPA-IR は、運用 1 次オペレーターが行ってきた業務を自動化するためのソリューションです。
今まではアラートが発生した際に、オペレーターが内容を確認してインシデント管理に登録すべきかどうか判断しチケット登録を行ったり、適切な対応者を調べて連絡するなどの作業を行っていました。 人手による作業では、大量のアラートが発生して業務の負荷が増大したときに復旧の遅延を招くだけでなく、重大な障害の対応漏れに繋がる可能性もあります。 このような運用 1 次オペレーターの業務を SHERPA-IR が自動化することにより、迅速かつ適切な復旧を行うことができます。

SHERPA-IR による自動化

SHERPA-IR はこのような方に最適!

障害イベントの集約・切り分け・確認作業が負担だ

重要なイベントを見落とすことがある

オペレーターの作業効率が上がらない

SHERPA-IR の特長

ルールベースでアラートの処理方法を制御

システム監視ツールで検知したアラートを、あらかじめ設定したルールに基づいてどのように処理するかを判断します。
例えば、一定時間内で重複しているアラートの場合には 1 つに集約してインシデント管理にチケット登録したり、リンクアップ/ダウンなどすぐに復旧することが予想される場合には登録しなかったり、重要度の低いアラートは登録しないなどの制御ができます。 これらのルールは、利用者の運用に応じて WebUI から設定することができます。

適切な対応者へ自動的に通知

インシデント管理にチケット登録する際に、適切な対応者やグループをルールベースで判断し、自動的に通知を行います。 昼間と夜間など、時間帯によって通知先を変えるといった設定も可能です。 また、手順書が作成されていれば、その文書へのリンクも合わせて通知します。
手順書の案内が可能になることにより、最適な対応者でなかったとしても復旧することが可能になります。
これまでの属人的な対応から組織としての対応に転換することができます。

SHERPA-IR の導入効果

SHERPA-IR は、運用オペレーターの人手作業を自動化することで、作業時間短縮やコスト削減の導入効果が期待できます。

SHERPA-IR の導入効果

アラートから、対応すべき内容を確認しチケットの起票や対応者への通知、どの手順書を使うのか等の確認作業に掛かった時間を大幅に削減できます。

SHERPA-IR は、株式会社アデッドバリューコンサルティングが開発・提供しているソリューションです。

対応が必要なインシデントを管理するためのソリューション「SHERPA-SM」の詳細はこちら

製品・サービスについてのお問合せ

製品やサービスについてのご相談やご質問、お見積もりのご依頼は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

サイバートラストのテレワークソリューション
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS