IR 情報

お問い合わせ

システム監視用仮想アプライアンス MIRACLE ZBX Virtual Appliance

MIRACLE ZBX Virtual Appliance

仮想アプライアンス型の統合システム監視モジュール

仮想環境に導入してすぐに監視を開始!
オールインワンの Zabbix 互換仮想アプライアンス

MIRACLE ZBX Virtual Appliance は、仮想アプライアンス型の統合システム監視モジュールです。仮想環境でゲスト OS として動作する「MIRACLE LINUX」、「Zabbix」をベースに安心して企業でご利用できるように機能拡張を行った統合システム監視ソフトウェア「MIRACLE ZBX」の他、データベース、Webサーバーを一体型にして最適化した状態の仮想アプライアンス製品として提供されます。仮想化基盤、またはパブリッククラウドにインポートしてシステム監視のための設定を行うだけで、すぐにシステム監視を始められます。クラウド環境上のシステムとオンプレミスのシステムのハイブリッドクラウド環境を一元的に監視することも可能です。また、自動障害復旧機能、Zabbix 設定のバックアップ機能など、システム監視を行う上で要望の高い機能を実装しています。セキュリティ機能を強化し、さらに OS 設定は CIS ベンチマークに準拠しています。

大規模なお客さま向けの MIRACLE ZBX Virtual Appliance Suite は、MIRACLE ZBX Virtual Appliance の特長・機能に加えて、SNMPトラップやさまざまな場所に点在する大量のログをハンドリングする「MIRACLE Message Handler」および、複数の監視画面を統合し運用を効率化する表示専用ソフトウェア「統合ビューア」を提供します。
MIRACLE ZBX Virtual Appliance Suite を導入することにより、システムの死活監視やリソース監視に加え、SNMP トラップや各種ログの大量発生時に重複や不要なログを排除することでトラフィックを削減し、監視サーバーや運用担当者の負担を軽減することが可能となり、運用をより効率化することができます。

お客さまのニーズに合わせて最適な MIRACLE ZBX Virtual Appliance をお選びいただけます。

MIRACLE ZBX Virtual Appliance の特長

簡単導入・構築で、工数、時間、コストを大幅に削減!

仮想化環境にゼロから統合監視環境を構築しようとすると、OSのインストールや構成を行い、データベースやWebサーバー、Zabbixのインストールやシステム監視の設定までを行わなければならず、非常に工数・時間がかかります。
MIRACLE ZBX Virtual Appliance は、導入・構築が非常に簡単です。仮想化基盤やパブリッククラウドにインポートするだけで、監視サーバーの構築が完了。ターミナル上で動作する設定ツールを使用すれば初期設定も簡単に行えるため、すぐにシステム監視を始められます。OSレベルからの監視システムの構築が不要で、SI構築のための費用を削減することができます。また、専用サーバーを購入する必要がないので、ハードウェアコスト、空調などの設備コスト、メンテナンスコストなどの削減も可能です。

システム監視用バーチャルアプライアンス ZBX Virtual Appliance は簡単導入・構築でコストを大幅に削減

セキュリティ機能を強化し NIST SP800-171 および SP800-53 に準拠

米国標準技術研究所(NIST)のセキュリティガイドライン 「NIST SP800-53」および「NIST SP800-171」は、サプライチェーンの一企業のシステムから国防に関わる情報が流出した事件をきっかけとして制定されました。

米国政府の機密情報(CI: Classified Information)を扱うには 「NIST SP800-53」 、また機密情報以外の重要情報(CUI: Controlled Unclassified Information)を扱うには 「NIST SP800-171」で定められた内容に沿って情報システムを構築することが求められます。これらのフレームワークは、米国政府調達規制化により米国で事業を展開する民間企業はもちろん、日本企業にも求められる国際標準となりつつあります。日本においても防衛装備庁がセキュリティ基準を「NIST SP800-171」並みに引きあげる方針を示しているほか、各省庁が連携して防衛産業以外のセクターにもサプライチェーン全体にまたがるセキュリティ強化の取り組みを広げていくことが検討されています。

一方、現状国内では NIST 基準に関連する各種ガイドラインに準拠するため業務システムを監視していても、監視システム自体はガイドラインに対応していないといった状況があります。監視システムはどの環境にも必要で、かつ顧客データを取り扱う可能性も高いため、監視システム自体をセキュリティガイドラインに合わせて適切に設計することが重要です。監視システムのセキュリティガイドラインへの準拠は、今や必須となりつつあります。

MIRACLE ZBX Virtual Appliance のセキュリティ強化点

OSS でも商用システム監視製品以上のセキュリティ機能を実装
NIST SP800-171、SP800-53 などのセキュリティガイドラインに準拠するセキュリティ機能

「NIST SP800-171」 [3.1 アクセス制御, 3.3 監査と責任追跡性, 3.13 システムと通信の保護] および「NIST SP800-53」 [3.1 アクセス制御, 3.3 監査と責任追跡性, 3.18:システムと通信の保護] に準拠し、以下のセキュリティ強化を実装しています。

  • 監査ログを syslog に出力
    Web フロントエンドからしか確認できなかった ZBX の監査ログを syslog に出力できるようになります
  • パスワードポリシー設定
    ZBX の Web フロントエンドのユーザーに対してパスワードポリシーを設定できるようになります
    文字数や文字種の制約のほか、パスワード再使用の制限や有効期限の設定ができます
  • bcrypt の cost パラメーター設定
    ZBX から Web フロントエンドのパスワードをハッシュ化する際に使用される bcrypt の cost パラメーターを設定できるようになります
  • 設定ファイル中の DB パスワード暗号化(REHL8 系 OS のみ対応)
    ZBX サーバーや Web フロントエンドの設定ファイルに記載する DB のパスワードを暗号化できるようになります

このようなお客さまの課題を解決します

コストダウンを実現しつつ、商用監視ソフトウェア以上のセキュリティ機能が必要

セキュリティガイドラインに準拠するためにシステムの監視は行っているが、監視システム自体はセキュリティガイドラインに対応していない

審査の対象から監視システムを外して対応しているが、監視システムに顧客情報が残ってしまっている


CIS ベンチマーク (CIS Benchmarks) に準拠

MIRACLE ZBX Virtual Appliance の OS 設定は、CIS ベンチマークの OS に関連する項目のうち対応不要な項目を除いた全てに準拠しています。これまで各事業者側で必要となっていたセキュリティガイドラインの要件に沿った OS の設定が MIRACLE ZBX Virtual Appliance にあらかじめ設定されているため、構築工数を大幅に削減し、デプロイ後の作業をより簡潔に実現可能にします。

CIS ベンチマークは、米国の CIS(Center For Internet Security) が発行しているシステムを安全に構成するための構成基準およびベストプラクティスが記載されたガイドラインです。
CIS ベンチマークが参照している CIS コントロールは、NIST Cybersecurity Framework (CSF) および NIST SP 800-53、ISO 27000 シリーズの規格、PCI DSS、HIPAA などを含む多くの確立された規格および規制の枠組みに対応しています。


CentOS 8 の CIS Benchmarks(一部) (CIS Benchmarksサイトより引用)

CentOS 8 の CIS Benchmarks(一部)(CIS Benchmarksサイトより引用)


「MIRACLE Message Handler」で大量のログや SNMP トラップを集約し効率化

クラウドやサーバーなど、さまざまな場所に点在する大量のログや、ネットワーク機器からの SNMP トラップを集約した上で、重複するログや不要なログの削除、整形を行い MIRACLE ZBX へ連携することができます。またプラグインを追加することで MIRACLE ZBX で検知した障害情報をお客様が持つ既存システムと柔軟に連携し管理することも可能です。

※ MIRACLE ZBX Virtual Appliance Suite で提供

MIRACLE Message Handler

複数の Zabbix や MIRACLE ZBX をまとめて監視する「統合ビューア」で効率化

統合ビューアは Zabbix、MIRACLE ZBX 専用の監視運用者向け Web アプリケーションです。

大規模ユーザーは、複数台の Zabbix、ZBX Server を構築し、お客様ごとや、拠点ごとに監視を行っています。 上位のインシデント管理システムでまとめて障害対応を行うことは可能ですが、障害が発生していない中での統計情報や、監視状況を確認する際に、個別に Zabbix や ZBX Server にログインし、閲覧することが必要でした。

統合ビューアを利用することにより、複数台のZabbixから発報されるイベント情報の一元的な閲覧や、クラウド環境のリソースも合わせて確認できるようになります。

既存の Zabbix、MIRACLE ZBX に変更を加えることなく、簡単な設定を行うだけですぐに利用することが可能です。

MIRACLE ZBX 統合ビューア

* 画像をクリックすると拡大図を表示します


  • 複数の Zabbix、ZBXServer を統合閲覧
  • 柔軟なイベント検索
  • 監視対象の可視化
  • 障害対応状況の管理・把握を明瞭化

※ MIRACLE ZBX Virtual Appliance Suite で提供


仮想環境上でも高可用な安定したシステム監視環境を実現

MIRACLE ZBX Virtual Appliance は自動障害復旧機能「MIRACLE FailSafe」を内蔵し、Zabbixの稼働監視を行っています。万が一 Zabbix がダウンしても、仮想化基盤からは検知できない OS レイヤーやアプリケーションレイヤーでの障害を検知し、自動的にアプリケーション再起動をおこない復旧させます。

システム監視用バーチャルアプライアンス ZBX Virtual Appliance は仮想環境上でも高可用な安定したシステム監視環境を実現

運用を効率化するオプション機能

MIRACLE ZBX Virtual Appliance には、運用を効率化できるオプション機能がバンドルされています。

「監視設定バックアップ機能」は、仮想アプライアンスの監視設定のみバックアップします。短時間かつ低負荷でバックアップ/ リカバリーを可能とし、監視データをロストすることなく、設定をリストアすることができます。

設定バックアップオプションの詳細はこちら

「監視データ出力機能」は、仮想アプライアンスのデータベース内に保存された監視データをCSV ファイルとしてエクスポートし、内容分析や長期保存を行えます。

監視データ出力オプションの詳細はこちら


システム監視用バーチャルアプライアンス ZBX Virtual Appliance は運用を効率化できるオプション機能をバンドルしています

監視データ出力オプションと設定バックアップオプションを組み合わせた使用のイメージ


監視要件の追加や監視対象の増加に合わせたスケールアップに容易に対応

アクセスが増大するシステムのキャパシティ・プランニングの結果、増強されたハードウェアや新規に導入されたアプリケーションなどがシステム監視対象に追加されたり、システム監視要件の変更によって監視項目が増えることがあります。
稼働中の IT システムにおいてシステム監視すべき対象や監視項目が増大しても、MIRACLE ZBX Virtual Appliance へのリソース割り当てを変更して容易に数百台規模への監視へとスケールアップすることができます。

*(注意事項)仮想マシンのスケールアップに際しては、OSやソフトウェアのパラメーター変更が必要となります。なお、パラメーター変更に関する質問は当社のサポート範囲外となります。

システム監視用バーチャルアプライアンス ZBX Virtual Appliance は監視要件の追加や監視対象の増加に合わせたスケールアップに容易に対応

仮想環境とオンプレミスのハイブリッドクラウド環境を一元監視

MIRACLE ZBX Virtual Applianceは、クラウド環境上のシステムとオンプレミスのシステムを一元的に監視することが可能です。監視の簡素化だけではなく、優れたコストメリットも期待できます。


安心のワンストップ・サポートを提供

MIRACLE ZBX Virtual Applianceは、OS、クラスター・ソフトウェア、データベースも含めてまとめたワンストップ・サポートが付いています。万一障害が起きても、お客さまは難しく面倒な問題の切り分けを行わずに問い合わせできます。

製品・サービスについてのお問い合わせ

MIRACLE ZBX Virtual Appliance についてのご相談やご質問、お見積もりのご依頼は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

製品仕様・ライセンス価格

本製品は、サポートサービスも含んだ年間のサブスクリプションとしてご提供いたします。監視対象台数に応じて価格が異なります。

MIRACLE ZBX Virtual Appliance V6.0

製品名 MIRACLE ZBX Virtual Appliance V6.0 MIRACLE ZBX Virtual Appliance V6.0 Suite
有効期限 / 価格
(税抜)
1年 1,700,000円 1年 4,000,000円
監視対象台数 ~499 台
※ 500 台以上についてはお問い合わせください。
500 ~台
推奨環境

CPU コア数: 8 以上 *
メモリ容量: 8GB 以上 *
HDD 空き容量: 60 GB (データ領域を別途ご用意ください)

* CPU コア数およびメモリ容量は、監視項目数に応じて縮小可能

CPU コア数: 8 以上 *
メモリ容量: 16GB 以上 *
HDD 空き容量: 100 GB (データ領域を別途ご用意ください)

* CPU コア数およびメモリ容量は、監視項目数に応じて縮小可能

対応
プラットフォーム
VMware ESXi 6.0 以上(6.5 は Update 1 以上を推奨)

※Microsoft Hyper-V Server, Amazon Web Services へのデプロイは別途ご相談ください。

サポートレベル MIRACLE ZBX サポートスタンダード
※詳しくは こちら
問い合わせ件数 無制限
販売期間 1年  2029/1/31 まで
OS MIRACLE LINUX 8.4
MIRACLE ZBX 6.0
MariaDB 10.3
バンドル製品 MIRACLE ZBX設定バックアップオプション、監視データ出力オプション
MIRACLE ZBX VA Suite は MIRACLE Message Handler、複数台の Zabbix を一元閲覧可能な統合ビューアを同梱



※販売終了した MIRACLE ZBX Virtual Appliance の更新・価格については別途お問い合わせください。

MIRACLE ZBX Virtual Appliance評価版

実際の導入の前に、仮想アプライアンス MIRACLE ZBX Virtual Appliance をトライアルでご利用いただけます。導入検証や技術評価に是非ご活用ください。

Zabbix 6.0 新機能調査報告書ダウンロードお申込み

Zabbix連携の脆弱性監視ソリューション「MIRACLE Vul Hammer」

Zabbixで脆弱性も管理!「MIRACLE Vul Hammer」

Zabbix 連携の脆弱性管理ツール「MIRACLE Vul Hammer」
脆弱性のスキャンからアップデート、レポートまで脆弱性管理を自動化します。


MIRACLE ZBX カタログ

MIRACLE ZBX 導入事例

クレジットカード情報セキュリティの国際基準「PCI DSS」準拠の監視サービスに「MIRACLE ZBX」を採用
クレジットカード情報セキュリティの国際基準「PCI DSS」準拠の監視サービスに「MIRACLE ZBX」を採用
導入企業:株式会社リンク
業種:ソフトウェア・情報通信・IT
企業規模:50~300人
事例カテゴリ:可用性向上
目的:「PCI DSS Ready Cloud」の提供に向けた監視機能の実装
事例詳細
監視機能と監視画面の一元化により運用コストを抑えた監視基盤を実現
監視機能と監視画面の一元化により運用コストを抑えた監視基盤を実現
導入企業:三菱電機インフォメーションネットワーク
業種:ソフトウェア・情報通信・IT
企業規模:2,001~1万人
事例カテゴリ:事業継続 (DR/BCP)コスト・工数削減
目的:
事例詳細
AWS 環境における安定したシステム監視環境と柔軟で拡張性のある監視を実現し、導入・運用コストを削減
AWS 環境における安定したシステム監視環境と柔軟で拡張性のある監視を実現し、導入・運用コストを削減
導入企業:大手システムインテグレーター 様
業種:ソフトウェア・情報通信・IT
企業規模:2,001~1万人
事例カテゴリ:コスト・工数削減生産性・利便性向上
目的:システム監査
事例詳細

MIRACLE ZBX BLOG

MIRACLE ZBX お問合せフォーム

MIRACLE ZBX について、導入のご相談・ご質問などがありましたら、下記のフォームよりお問い合わせください。

Linux OSS お問い合わせ製品・サービス
お問い合わせ内容 必須
会社名・団体名 必須
部署名
お名前 必須
メールアドレス 必須 ※入力間違いにご注意ください。
電話番号 必須
詳しくはサイバートラストのプライバシーポリシーをご覧ください。

デジタルトランスフォーメーションのための電子認証基盤 iTrust
SSL/TLS サーバー証明書 SureServer Prime
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS