English

お問い合わせ

よくある質問と回答

技術情報:通信時のセキュリティ警告やエラーについて

有効期限に関する警告が表示されてしまいます。

表示されるメッセージの例

Internet Explorer 11
  • Web サイトのセキュリティ証明書はまだ有効になっていないか、有効期限が切れています。
    エラーコード: DLG_FLAGS_SEC_CERT_DATE_INVALID
Firefox
  • ウェブサイトは一定期間有効な証明書で同一性を証明します。xxx.xxxx.xxx の証明書は 20xx/x/x に期限が切れました。
    エラーコード: SEC_ERROR_EXPIRED_CERTIFICATE
Google Chrome
  • このサーバーが xxx.xxxx.xxx であることを確認できませんでした。セキュリティ証明書の期限が n 日前に切れています。原因として、設定が不適切であるか、悪意のあるユーザーが接続を妨害していることが考えられます。パソコンの時計は現在 20xx年x月x日x曜日 に設定されています。この時刻が正しくない場合は、システムの時計を修正して、このページを更新してください。
    エラーコード: NET::ERR_CERT_DATE_INVALID

原因

サーバー側
  • サーバー証明書の有効期限が満了している。
ブラウザ側
  • クライアント PC で設定されている日時設定がずれている。

解決方法

サーバー側の設定
  • 証明書の有効期限が満了となっている場合は、有効期限内の証明書へ入替えてください。
ブラウザ側の設定
  • 接続したクライアント PC の日付と時刻の設定を確認し、現在時刻へ設定してください。
サーバー証明書専用お問合せフォーム

SSL/TLS サーバー証明書 SureServer について、導入や更新のご相談・ご質問などがありましたら、下記のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ内容 必須
更新に関するお見積り依頼・お問合せなどの際は、受付番号やコモンネームなどをご記入頂くと、スムーズなご対応が可能になります。
会社名・団体名 必須
部署名
お名前 必須
メールアドレス 必須 ※入力間違いにご注意ください。
電話番号 必須
ユーザー ID
SureBoard または SureHandsOn のユーザー ID をお持ちの場合、ユーザー ID をご記入ください。
詳しくはサイバートラストのプライバシーポリシーをご覧ください。

サイバートラストのテレワークソリューション
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS