English

お問い合わせ

BLOG

統合システム監視

2020 年 12 月 17 日

Zabbix による Windows マシンのエージェント監視 ~ 1. エージェントのインストール ~

はじめに

前回までの記事では、Zabbix サーバーの構築、CentOS マシンや Raspberry Pi の監視について説明しました。

今回からは Windows マシンのエージェント監視を行います!
そのために本記事ではまず、Windows マシンへの Zabbix エージェントのインストール方法を説明します。

環境

本記事では以下の環境を用いています。

仕様ソフトウェア、ハードウェア バージョン
監視対象のマシン Windows 10 (1903)
MIRACLE ZBX Server 4.0.18
MIRACLE ZBX Agent 4.0.18

エージェントのインストール

監視対象とする Windows マシンに、エージェントをインストールする方法を説明します。

MIRACLE ZBX 4.0 インストールマニュアル もご参照ください。CUI によるインストール方法も記載されています。

エージェントのダウンロード

MIRACLE ZBX ダウンロード より、エージェントのダウンロードを行います。
まず、ページ内の「Web ブラウザからのダウンロード」の項目にある「ダウンロード」から、ダウンロードページへと移動してください。

その後 、「4.0」、「agent」と移動し ( https://ftp.miraclelinux.com/zbx/4.0/agent/ )、用意した Zabbix サーバーと同じバージョンの zip ファイルをダウンロードしてください。ダウンロード後は必ず展開を行ってください。

エージェントのインストール

展開後のフォルダから「windows」のフォルダを開き、インストーラーを実行します。

インストーラーの手順に従って、エージェントのインストールを進めていきます。
「コンポーネントを選んでください。」では全てのコンポーネントがチェックされていることを確認してください。

「Configuration」では、「Zabbix サーバーのホスト名または IP アドレス」、「このマシンのホスト名」に、各々の環境での正しい値を入力してください。ここで指定したホスト名は、 次回の記事の監視設定時に使用します。

インストール先フォルダは、初期値のままで構いません。
※変更した場合は、ファイアウォールの設定 の際に、プログラムのパス指定を変更してください。

インストールが完了したらインストーラーを閉じてください。

エージェントの起動確認

エージェントが起動しているか確認を行います。
「Windows 管理ツール」から「サービス」を開いてください。

「Zabbix Agent」の状態が「実行中」、スタートアップの種類が「自動」となっていることを確認してください。

ファイアウォールの設定

Zabbix エージェントが通信を行えるように、ファイアウォールの設定を変更します。

「Windows 管理ツール」から「セキュリティが強化された Windows Defender ファイアウォール」を開いてください。

「受信の規則」から「新しい規則」をクリックします。

「新規の受信の規則ウィザード」が開きます。
「規則の種類」では「プログラム」を選択してください。

「プログラム」では、「このプログラムのパス」を選択します。パスの指定は、 エージェントのインストール でインストール先に指定したパスを指定してください。

「操作」では、「接続を許可する」を選択します。

「プロファイル」では全てにチェックを入れます。

「名前」は、「zabbix_agent」と設定してください。
最後に「完了」をクリックします。これでファイアウォールの設定は終わりです。

おわりに

本記事では、Windows マシンへのエージェントのインストール方法を説明しました。エージェントのインストールだけでなく、ファイアウォールの設定が必要である点に注意してください。

次回はいよいよマシンの監視を行います!


この記事の関連製品はこちら
Zabbix ベースの統合システム監視 MIRACLE ZBX

サイバートラストのテレワークソリューション
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS