採用情報

お問い合わせ

プレスリリース

サイバートラストが RISC-V 対応の高速起動ソリューションと Tuxera の高信頼性ファイルシステムを連携して提供開始

〜 次世代 IoT システムの高信頼性、高可用性実現に向けて連携 〜

2022 年 11 月 15 日
サイバートラスト株式会社

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利 以下、サイバートラスト)は、世界をリードするストレージ管理ソフトウェアおよびネットワークテクノロジー企業であるフィンランドの Tuxera, Inc.(タクセラ)の日本法人、Tuxera Japan 株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:黒子 真佐志 以下、Tuxera)、およびサイバートラストグループのリネオソリューションズ株式会社(以下、リネオ)と高信頼性、高可用性の次世代 IoT システムのソリューション提供に向けて連携したことを発表します。3 社の連携により、リネオが提供する組込み Linux®/Android 機器向けの高速起動ソリューション「LINEOWarp!!(以下、Warp!!)」と Tuxera 製品を組み合わせることで、産業機器・車載機器・医療機器・コンシューマー機器などの起動の高速化と待機時の電力消費の削減を実現しました。本ソリューションはサイバートラストより提供します。

<背景>

普及が進むとともに多機能化し大量のデータを扱う IoT 機器では、膨大なデータを安全かつ効率的に管理・運用すると同時に、ユーザビリティや省電力性、信頼性が求められます。従来のフラッシュメモリーなどのストレージ機器の耐久性やファイルシステムの可用性の限界があり、予期せぬ電源断などでのデータの消失への対策や、ストレージの長命化が必要になります。合わせて、起動の高速化は常に求められる要件となっています。また次世代の IoT 機器に向けては、ハードウェアプラットフォームのオープン化が進んでおり、RISC-V ※1 プロセッサーアーキクチャの普及が予測されています。

このたびのパートナーシップでは、自動車、産業機器、医療機器や、コンシューマー機器などで IoT 化が進む機器に多用される Linux/Android の高速起動ソリューションである Warp!! と、Tuxera の高信頼性ファイルシステムを連携し最適化しました。Tuxera のファイルシステムは、書き込み中にストレージ抜き出しや電源断が発生してもファイルシステムに破損が発生しない電源断耐性があります。Warp!! と Tuxera ファイルシステムの組み合わせにより、複合機や車載機器をはじめとする電源 ON/OFF を繰り返すシステムにおいて、瞬電時のデータ破損などのリスク軽減と、フラッシュメモリーのリード / ライトの耐久性を向上させつつ、起動の高速化・低消費電力化したシステムを実現しました。同時に、組込みプロセッサとして普及が予測される RISC-V アーキテクチャへの対応をいち早く実現しました。RISC-V アーキテクチャのサポートを追加した Warp!! の最新バージョン(Version 6.0)において、RISC-V プロセッサーである SiFIVE Freedom U740 リファレンスボードにて実測し、通常起動より約 76%(48 秒)の起動時間短縮を達成しています。

サイバートラストは、IoT 機器向けの長期サポート対応の Linux OS である EMLinux においても、RISC-V 対応を計画しています。今後、脆弱性対応や SBOM 対応を含めたセキュアなシステムの実現と、製品出荷後の長期サポートにより、サプライチェーンセキュリティへの対応を強化していきます。
サイバートラストグループは Tuxera 製品の販売代理店として Tuxera と連携し、今後高信頼性、可用性を併せ持った次世代 IoT システムのワンストップソリューション展開を国内外で目指します。

このたびの連携にあたり、Tuxera 社より以下のようにコメントをいただいています。

Tuxera Japan 株式会社 代表取締役 黒子 真佐志様

当社とサイバートラスト社は、2022 年 1 月に当社の高信頼性ファイルシステムの販売代理店契約を締結し、両社の製品連携により家電製品などの電源断耐性によるデータの保護とフラッシュメモリーの寿命の最長化を実現してまいりました。このたび、リネオソリューションズ社の高速起動ソリューションと組み合わせることで Tuxera 製品の起動の高速化・低消費電力化を実現いたしました。今後もサイバートラストグループと連携し、次世代 IoT システムの高信頼性、高可用性実現と、製品開発における課題解決に貢献してまいります。

「EdgeTech+ 2022」出展について

2022 年 11 月 16 日(水)から 18 日(金)までパシフィコ横浜で開催される「EdgeTech+ 2022」に、本ソリューションのデモを出展します。また、セキュアなエッジ AI コンピューティング環境の構築に最適なプラットフォーム「EM+PLS」をご紹介します。

出展ブース番号:C-K21(JASA パビリオンブース)

展示会概要

開催日時 2022 年 11 月 16 日(水)- 2022 年 11 月 18 日(金)10:00 - 17:00(17 日(木)のみ 18:00 まで)
会場 パシフィコ横浜:展示ホール/アネックスホール
主催 一般社団法人 組込みシステム技術協会
来場方法 Web より事前登録のうえ、ご参加ください。

展示会の詳細はこちら

関連 Web サイト
※1
RISC-V とは:コンピュータの命令セットアーキテクチャ(ISA:Instruction Set Architecture)のひとつ。「RISC-V Foundation」という非営利団体が管理し、ロイヤリティやライセンス料不要のオープンソースで提供されています。
サイバートラスト株式会社について

サイバートラストは、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたり提供している認証・セキュリティサービスと、ミラクル・リナックスのカーネル技術やオープンソースソフトウェア(OSS)の知見を応用したオンプレミス、クラウド、組込み領域向けの Linux/OSS サービスを展開しています。また、これらの技術や実績を組み合わせ、IoT をはじめとする先端分野に向けて、「ヒト・モノ・コト」の正しさを証明し、お客様のサービスの信頼性を支えるサービスを推進しています。
「信頼とともに」。サイバートラストは、IT インフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、安心・安全な社会を実現します。

当プレスリリースに関するお問い合わせ先

サイバートラスト株式会社
広報担当:椎名・佐伯
メール: press@cybertrust.co.jp

* 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における商標または登録商標です。
* The Linux Foundation はさまざまな商標を所有しています。The Linux Foundation の商標一覧はこちらのページでご確認いただけます。

デジタルトランスフォーメーションのための電子認証基盤 iTrust
SSL/TLS サーバー証明書 SureServer Prime
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS