IR 情報

お問い合わせ

プレスリリース

サイバートラスト「iTrust リモート署名サービス」に、アマノタイムスタンプサービス機能を採用

〜 信頼性の高い電子契約や電子取引の普及促進と企業のビジネスプロセスのデジタル化を支援〜

2021 年 12 月 15 日

サイバートラスト株式会社

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利 以下、サイバートラスト)は、デジタルトランスフォーメーションにおけるビジネスプロセスのデジタル化を促進するトラストサービス 「iTrust(アイトラスト)」シリーズの「iTrust リモート署名サービス」と、アマノ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 津田 博之)のグループ会社であるアマノセキュアジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 森口 亜紀)が提供する「アマノタイムスタンプサービス 3161」がシステム連携し、サービス提供開始したことを発表します。

電子契約、電子取引などに付与される電子署名ならびにタイムスタンプの付与は、電子署名法および電子帳簿保存法などに定められているように注目を集めているサービスです。電子データに電子署名を付与する事で「誰が」「どのようなデータを」作成したかを証明し、タイムスタンプを付与することにより、電子データがある日時に確かに存在していたという「存在証明」と、その日時以降改ざんされていないという「非改ざん証明」が可能です。電子契約の場合には、合意した電子文書に対して電子署名ならびにタイムスタンプを付与し、請求書などの取引情報の授受を行う場合には、電子帳簿保存法においてタイムスタンプを付与することが要件として求められており、その電子文書が存在していた事実と改ざんされていないことを立証します。
このたびの「iTrust リモート署名サービス」と「アマノタイムスタンプサービス 3161」が連携したことにより、今後ますます利用が進む電子契約や電子取引、電子帳簿保存法や消費税の仕入税額控除の方式でありますインボイス制度の対応など、お客様のニーズに対応が可能です。

2022 年 1 月より施行される改正電子帳簿保存法では、スキャナ保存の要件としてタイムスタンプの付与を必要とする Q&A が国税庁より公表され、電子取引においては書面(紙)での保存は認められず、タイムスタンプが付与された電子データを保存することが要件となっています。また、2023 年 10 月にはインボイス制度が施行され、電子帳簿保存法においてタイムスタンプを付与することが要件とされており、タイムスタンプの付与によって、国税関係書類の真実性を確保することができます。

「iTrust リモート署名サービス」は、JIPDEC ※1 の厳格な基準に基づく審査を実施し、厳格な規程をもって運用されているリモート署名(電子契約)サービス として、国内で初めて「JIPDEC トラステッド・サービス ※2 」に登録されています。
「アマノタイムスタンプサービス 3161」は、国際標準規格(ISO/IEC18014、RFC3161)に準拠したタイムスタンプが利用可能です。
タイムスタンプは、国税関係書類の電子保存の要件が定められている電子帳簿保存法で一部利用が義務付けられているなど、電子データの真正性確保の手段として重要な役割を担っており、一般財団法人日本データ通信協会が認定する「認定タイムスタンプ」を付与します。総務省が管轄省庁として今年 7 月に開始された認定制度についても今後認定取得を予定しています。

サイバートラストとアマノセキュアジャパンは、両社が持つ電子認証サービス、タイムスタンプサービスの長年の運用実績と技術力を活かし、ビジネスプロセスのデジタル化への取り組みや働き方改革など、さまざまなニーズにお応えできるように今後も協力しお客様を支援していきます。

※1
JIPDEC とは:一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC) 。プライバシーマーク制度の認定や ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)適合性評価制度の制定、電子署名・認証制度の運用を行う機関。
※2
JIPDEC トラステッド・サービスとは:インターネット上のサービスを第三者機関である JIPDEC が安全なサービスであることを確認し、信頼性(トラスト)を担保する仕組み。
JIPDEC ホームページ:JIPDEC トラステッド・サービス登録(電子契約)
関連 Web サイト
サイバートラスト株式会社について

サイバートラストは、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたり提供している認証・セキュリティサービスと、ミラクル・リナックスのカーネル技術やオープンソースソフトウェア(OSS)の知見を応用したオンプレミス、クラウド、組込み領域向けの Linux/OSS サービスを展開しています。また、これらの技術や実績を組み合わせ、IoT をはじめとする先端分野に向けて、「ヒト・モノ・コト」の正しさを証明し、お客様のサービスの信頼性を支えるサービスを推進しています。
「信頼とともに」。サイバートラストは、IT インフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、安心・安全な社会を実現します。

当リリースに関するお問い合わせ先

サイバートラスト株式会社
広報担当:椎名
Web サイト:https://www.cybertrust.co.jp/

* 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

デジタルトランスフォーメーションのための電子認証基盤 iTrust
SSL/TLS サーバー証明書 SureServer Prime
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS