English

お問い合わせ

HPE Edgeline EL1000 コンバージドエッジシステム

HPE Edgeline EL1000 コンバージドエッジシステムは、IoTデバイスから生成されるデータをクラウドやデータセンターに送り返すことなく、エッジで処理・分析することでリアルタイムな意思決定を可能にする、IoT向けのコンバージドシステムです。コンピューティング能力を直接エッジに持つことにより、レイテンシや帯域幅の問題、コスト超過、セキュリティへの脅威、データの重複や破損、コンプライアンスや接続性などの問題を解消します。
HPE Edgeline EL1000 コンバージドエッジシステムのシステムバックアップツールとして、MIRACLE System Saviorが利用できます。

製品名

HPE Edgeline EL1000 コンバージドエッジシステム

日本ヒューレット・パッカードの製品ページ

社名

日本ヒューレット・パッカード株式会社

IoT向けコンバージドシステム「HPE Edgeline EL1000 コンバージドエッジシステム」をシステムバックアップ

MIRACLE System Savior(以下MSS)を使って、HPE Edgeline EL1000 コンバージドエッジシステムに搭載されたHPE ProLiant m510サーバーカートリッジ上のOSやアプリケーションなど、システムをバックアップ/リストアすることができます。

検証は以下の環境で行っています。詳細は検証報告書 をご参照ください。

  • m510のHP Integrated Lights-Out 4よりMSSのISOメディアをリモートマウントして、MSSブートさせています。
  • m510にRed Hat Enterprise Linux 7.4、Red Hat Enterprise Linux 6.9をインストールします。
  • 同一ネットワーク上にNFSサーバを用意し、バックアップ保存先として使用します。

関連資料ダウンロード

【技術資料】

連携ソリューション一覧

製品・サービスについてのお問合せ

製品やサービスについてのご相談やご質問、お見積もりのご依頼は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

サイバートラストのテレワークソリューション
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS