English

お問い合わせ

お知らせ

イベント・セミナー

【ウェビナー】ISO/SAE 21434 を見据えた要件定義 ~ テストまでセキュリティ規格を抜け漏れなく確実に対応する方法 ~【10 月 1 日開催】

2020 年 9 月 15 日

近年、車がネットワークにつながることで利便性が向上してきましたが、同時にサイバー攻撃の脅威にさらされるようにもなりました。
そこで車のサイバーセキュリティに関する議論が活発となる中、国連では自動車関連の規格を扱う "World Forum for the harmonization of vehicle regulations(WP.29)" において Cyber Security(CS)とセキュリティ対策を考慮した Software Updates(SU)に関する Regulation 案が公開されました。
同時に、WP.29 CS、SU に対応する国際標準となる ISO/SAE 21434、ISO 24089 の策定も進んでおり、これらは輸出入、利用、調達、入札、販売など業界へ大きな影響を与えるため、本規格への準拠が求められるようになっていきます。

しかし、規格対応に必要な要件やその実装方法が抽象的で、抜けもれなく対応していくのが難しいと感じていませんか?

本セミナーでは車にまつわるセキュリティの状況と、要件定義~設計~実装~テストまで抜け漏れなく対応する方法をご紹介します。

こんな方にオススメ
  • 車載システム開発者の方
  • セキュリティ規格の最新情報を知りたい方
  • セキュリティバイデザインを実現する具体的な手法を知りたい方

皆様のご参加をお待ちしております。

開催概要

名称 ISO/SAE 21434 を見据えて要件定義
~ テストまでセキュリティ規格を抜け漏れなく確実に対応する方法 ~
開催日時 2020 年 10 月 1 日(木) 15:30 ~ 17:00
会場 オンラインセミナー
※Microsoft Teams を使用して行います。
※お申込み時にご登録いただくメールアドレスに、アクセス先 URL 情報をご案内します。
参加費用 無料(事前登録制)
共催 サイバートラスト株式会社
キャッツ株式会社

プログラム

15:30 ~ 16:10
コネクテッド・カー セキュリティ最新情報

サイバートラスト株式会社

自動車向けセキュリティ規格「ISO/SAE 21434」、産業システム向けセキュリティ規格「ISO/IEC 62443」ともに機能としてのセキュリティ要件だけでなく、開発プロセスや運用のフェーズに渡って幅広く、かつ長期的なサイバーセキュリティマネージメントが求められるようになります。
本セッションでは、今車を取り巻く環境と自動車サイバーセキュリティー規格「ISO/SAE 21434」と、すでに対応が進んでいる産業システム向けの標準規格「ISO/IEC 62443」併せてご紹介します。

16:10 ~ 16:50
要件定義からテストまで、成果物間のトレーサビリティを確保する ZIPC TERAS

キャッツ株式会社

近年の様々な機能安全規格によって、各メーカーおよびサプライヤーは「製品やシステムに対して開発、製造、販売後の各段階で十分なセキュリティ対策が考慮されていること」の説明責任が求められるようになります。
本セッションでは、開発の中でセキュリティ要件を要件定義~設計~実装~テストまでモレヌケなく管理するための方法と、トレーサビリティ管理を支援するツールプラットフォーム「ZIPC TERAS」をご紹介していきます。

16:50 ~ 17:00
質疑応答

※当日の内容など、一部変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

お申込み方法

本ウェビナーのお申し込み受付は終了しました。多数のお申し込みありがとうございます。

※ 競合他社様からのお申込みは、お断りさせて頂く場合がございます。 あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。
※ 当セミナーは、法人様対象のセミナーです。


本セミナーに関するお問い合わせ

本セミナーに関してご不明点・ご質問などがある場合、以下までお問い合わせください。

サイバートラスト株式会社
プロダクトマーケティング部
iot-biz@cybertrust.co.jp

サイバートラストのテレワークソリューション
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS