IR 情報

お問い合わせ

BLOG

Zabbix テック・ラウンジ

2022 年 01 月 18 日

MIRACLE ZBX 6.0 からデータベースのバージョンに制約があります

MIRACLE ZBX 6.0 から、一定のバージョン未満のデータベースを使うとサーバおよびプロキシサービスが起動できません。MIRACLE ZBX 5.0 以降からアップグレードする場合はデータベースのアップグレードも求められます。

Zabbix におけるデータベースのバージョンについて

Zabbix 6.0.0 から、各データベース(DB)の EOL を考慮して DB ごとの最小サポートバージョンが定義されました(ZBXNEXT-6898)。Zabbix の LTS リリースがサポートされているあいだに DB の EOL を迎えてしまうのは望ましくない、という判断です。

もともと Zabbix が動作する DB のバージョンは最小と最大のものがそれぞれ定義されていました。最小バージョンを下回っている、あるいは最大バージョンを上回っているバージョンの DB を動かしている場合、サーバ/プロキシサービスは起動しません。

それに加え、6.0 では最小サポートバージョン未満の DB を動かしている場合デフォルトの設定のままではサーバ/プロキシサービスが起動しません。設定ファイルで AllowUnsupportedDBVersions オプションに 1 を設定する必要があります。

### Option: AllowUnsupportedDBVersions
# Allow server to work with unsupported database versions.
# 0 - do not allow
# 1 - allow
#
# Mandatory: no
# Default:
# AllowUnsupportedDBVersions=0

つまり 6.0 では DB のバージョンの制約がさらに強められたことになります。

2021 年 12 月 21 日時点で、Zabbix 6.0.0 における最小バージョン・最小サポートバージョン・最大バージョンは以下のとおりです。

DB 最小バージョン 最小サポートバージョン 最大バージョン
MySQL 5.7.28 8.0.x 8.0.x
MariaDB 10.2.0 10.5.x 10.6.x
PostgreSQL 10.9 13.x 14.x

MIRACLE ZBX におけるデータベースのバージョンについて

MIRACLE ZBX はおもに Red Hat Enterprise Linux をベースとした MIRACLE LINUX ならびにそれと互換性のある OS の上で動作させることを前提とした製品です。Zabbix の最小サポートバージョンのポリシーに加え、MIRACLE LINUX が提供する RPM パッケージのサポート期間も考慮した結果、MIRACLE ZBX 6.0 の最小サポートバージョンを全 OS 共通で以下のように決定します。

DB 最小バージョン 最小サポートバージョン 最大バージョン
MySQL 5.7.28 8.0.x 8.0.x
MariaDB 10.2.0 10.3.x 10.6.x
PostgreSQL 10.9 12.x 14.x

MIRACLE LINUX 8.x では MariaDB 10.3 系と PostgreSQL 12.0 系のパッケージは 2029 年 5 月までサポートされます(『MIRACLE LINUX 8 Asianux Inside - AppStream のサポート期限 』)。一方、MariaDB 10.5 系と PostgreSQL 13.0 系のパッケージは Red Hat によれば 2026 年 5 月までがサポート期間となっています(『Red Hat Enterprise Linux 8 Application Streams Life Cycle』)。

MIRACLE LINUX 7.x ではこの最小サポートバージョン以上の MariaDB と PostgreSQL をインストールするには Software Collections を使います。MariaDB 10.3 系の SCL パッケージは 2023 年 6 月まで、PostgreSQL 12.0 系の SCL パッケージは 2024 年 6 月までサポートされます。MIRACLE LINUX 7.x の SCL に関しては MariaDB 10.5 系と PostgreSQL 13.0 系のほうがサポート期間は長いですが、今後より長く使われていくのは MIRACLE LINUX 8.x 系と判断し最小サポートバージョンを 8.x 系と統一しています。

MIRACLE ZBX 6.0 における AllowUnsupportedDBVersions の扱いについて

2021 年 12 月 21 日現在、MIRACLE ZBX 6.0.0 はリリースされていませんが、AllowUnsupportedDBVersions が 1 に設定された状態のシステムはサポートの対象外とする予定です。

MIRACLE ZBX 5.0 から 6.0 へのアップグレードについて

DB のバージョンの制限が厳しくなった以上、MIRACLE ZBX 5.0 以前のバージョンから 6.0 へ移行するには DB のバージョンアップグレードが不可欠でしょう。MIRACLE ZBX 6.0 では MIRACLE LINUX 8 系以上の OS にのみサーバパッケージを提供する予定です。したがって次のような環境から 6.0 への移行をするときに DB のアップグレードが求められます。アップグレードの方針も明記しています。

OS コンポーネント DB 方針
MIRACLE LINUX 8.x サーバ MariaDB mariadb 10.3 モジュールを使う。
PostgreSQL postgresql 12.0 モジュールを使う。
プロキシ MariaDB mariadb 10.3 モジュールを使う。
PostgreSQL postgresql 12.0 モジュールを使う。
MIRACLE LINUX 7.x プロキシ MariaDB SCL へ移行する。
PostgreSQL SCL へ移行する。
Amazon Linux 2 プロキシ MariaDB Extras Library から 10.5 を使う。

個別のアップグレード方法について本稿では解説しません。MIRACLE ZBX 6.0.0 リリース以降、あらためてサポートページにて上記それぞれのアップグレード手順を掲載する予定です。なおサポートページに掲載されたアップグレード手順は OS ベンダが提示するアップグレード手順と一部異なる可能性があります。

MIRACLE ZBX 5.0 以前をお使いで 6.0 へのアップグレードを検討している方は、DB のバージョンアップグレードを視野に入れ移行計画を立てるようお願いします。

まとめ

  • MIRACLE ZBX 6.0 では MySQL 8.x/MariaDB 10.3.x/PostgreSQL 12.x 以上が必要です。
  • MIRACLE ZBX 6.0 の最小サポートバージョンは Zabbix のものとは一部異なります。
  • MIRACLE LINUX 8.x とその互換 OS では各モジュールストリームを有効にして要求バージョン以上のパッケージを入手できます。
  • MIRACLE LINUX 7.x とその互換 OS では SCL パッケージとして要求バージョン以上のパッケージを入手できます。
  • Amazon Linux 2 では Extras Library から要求バージョン以上のパッケージを入手できます。
  • 具体的なアップグレード手順については MIRACLE ZBX 6.0.0 リリース後サポートページに掲載します。


Zabbix 6.0 新機能調査報告書 無料ダウンロード
本記事に関連するリンク
デジタルトランスフォーメーションのための電子認証基盤 iTrust
SSL/TLS サーバー証明書 SureServer Prime
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS