IR 情報

お問い合わせ

よくある質問と回答

製品仕様:SureServer の仕様

クロスルート方式とは?

クロスルート方式とは、従来の証明書階層で使用するルート証明書に加えて、クロスルート用の中間証明書を設定することにより、別のルート証明書にも接続可能とする仕組みです。

SSL/TLS クライアント(PC ブラウザやスマートフォンなど)に必要なルート証明書のどちらかが登録されている場合に SSL/TLS 通信が可能です。
必要なルート証明書が複数登録されている場合は、SSL/TLS クライアントの仕様に依存して、いずれかのルート証明書を使用します。

クロスルート方式の証明書階層

クロスルート方式の証明書階層

SureServer EV
証明書種別 3 階層接続時 4 階層接続時
ルート証明書 Security Communication RootCA2 Security Communication RootCA1
クロスルート用中間 CA 証明書 Security Communication RootCA2
中間 CA 証明書 Cybertrust Japan SureServer EV CA G3 Cybertrust Japan SureServer EV CA G3
サーバー証明書 www.example.com www.example.com
SureServer
証明書種別 3 階層接続時 4 階層接続時
ルート証明書 Security Communication RootCA2 Security Communication RootCA1
クロスルート用中間 CA 証明書 Security Communication RootCA2
中間 CA 証明書 Cybertrust Japan SureServer CA G4 Cybertrust Japan SureServer CA G4
サーバー証明書 www.example.com www.example.com
同じカテゴリの他の質問
サーバー証明書専用お問合せフォーム

SSL/TLS サーバー証明書 SureServer について、導入や更新のご相談・ご質問などがありましたら、下記のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ内容 必須
更新に関するお見積り依頼・お問合せなどの際は、受付番号やコモンネームなどをご記入頂くと、スムーズなご対応が可能になります。
会社名・団体名 必須
部署名
お名前 必須
メールアドレス 必須 ※入力間違いにご注意ください。
電話番号 必須
ユーザー ID
SureBoard または SureHandsOn のユーザー ID をお持ちの場合、ユーザー ID をご記入ください。
詳しくはサイバートラストのプライバシーポリシーをご覧ください。

SureServer Prime ワイルドカード 15% OFF キャンペーン
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS