採用情報

お問い合わせ

プレスリリース

インテージテクノスフィアが、CentOS の後継として AlmaLinux とサイバートラストのサポートを採用

〜 サイバートラストの日本語サポートを評価し、既存ソフトウェアの継続的な安定利用を実現〜

2023 年 12 月 12 日
サイバートラスト株式会社

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:北村 裕司 以下、サイバートラスト)は、株式会社インテージテクノスフィア(本社:東京都西東京市、代表取締役社長:酒井 和子 以下、インテージテクノスフィア)が CentOS の後継として RHEL® 互換 OS で利用できる AlmaLinux OS の採用を決定し、サイバートラストが提供する AlmaLinux Standard サポート を導入したことを発表します。

インテージテクノスフィアは、1960 年に社会調査研究所として創業した株式会社インテージのグループ企業です。IT を駆使して、ビジネスインテリジェンス事業、リサーチテクノロジー領域、データサイエンス領域、情報システムの 4 つの事業を展開しています。

<背景>

インテージテクノスフィアがインテージグループに提供している仮想化基盤では、長年にわたり CentOS を利用していましたが、CentOS Linux 7 が 2024 年 6 月 30 日にサポート終了 (EOL) となることを受け、その後継となる Linux OS の選定が急務となっていました。選定にあたって同社がもっとも重視したのは、現在稼働している運用監視、セキュリティ、バックアップなどのソフトウェアの安定稼働が保証されることでした。

<AlmaLinux 採用の理由>

CentOS の後継としていくつかの Linux OS を検討した結果、CentOS 7 で利用していた各種ソフトウェアがそのまま利用できること、そしてセキュリティソフトウェアの McAfee のサーティフィケーションを取得していることが決め手となり、AlmaLinux 8 の採用を決定しました。AlmaLinux のサポートについては、Linux OS に関する高度な技術力を持ち、CentOS 向けの延長サポートで定評のあるサイバートラストと契約。日本語でサポートを受けられる安心感に加え、サイバートラストのエンジニアが AlmaLinux の開発に参加していることによる技術面での信頼感も、AlmaLinux 8 採用の後押しとなりました。

現在、インテージグループでは、CentOS 7 で利用していたソフトウェアがそのまま AlmaLinux 8 上で問題なく動作することが確認されています。

<今後の展開>

CentOS 7 から AlmaLinux 8 への移行を推進するインテージテクノスフィアでは、さらなるサービス向上や IT 基盤の整備に向け、最新版である AlmaLinux 9 の検証も進めています。また、これまで Linux に新しいアップデートやセキュリティ関連の更新が発生した際にはシステムの再起動が必須でしたが、システムを停止せずに脆弱性対策(パッチ適用)が可能なサイバートラストの Linux 向けライブパッチサービスにも期待を寄せています。さらに、社内のデータセンターによる仮想化基盤だけではなく、今後は Azure や AWS などのクラウドも利用していく計画があり、クラウド環境でも AlmaLinux を提供していく予定です。

サイバートラストは、AlmaLinux のサポートサービス提供により、インテージグループの IT 基盤における長期的な安定稼働を支援します。

サイバートラストの The AlmaLinux OS Foundation への参画について

サイバートラストは、CentOS Linux の後継として注目される Linux OS「AlmaLinux OS」を運営する The AlmaLinux OS Foundation に日本企業で初めてプラチナスポンサーとして参画し、コミュニティメンバーと協働して AlmaLinux OS の共同開発を行います。サイバートラストは 20 年以上にわたる国産 Linux OS「MIRACLE LINUX」開発の知識や経験を活用し、AlmaLinux OS の開発方針や今後の方向性に関する議論、策定に加わるとともに、社員の AlmaLinux OS 開発への参加を支援します。AlmaLinux OS コミュニティの継続性を強化することによって、ユーザーメリットを最大化し、すべての Linux ユーザーに向けて安定して継続的な Linux の提供を目指します。

AlmaLinux OS について

AlmaLinux OS は、2021 年末に安定版リリースが廃止された CentOS Linux の後継として注目されている Red Hat Enterprise Linux(RHEL)クローンの無償 Linux OS です。CloudLinux Inc. などの支援を受け、オープンソースのコミュニティ主導で中立かつ継続的な開発を実現しています。

関連 Web サイト
サイバートラスト株式会社について

サイバートラストは、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたり提供している認証・セキュリティサービスと、ミラクル・リナックスのカーネル技術やオープンソースソフトウェア(OSS)の知見を応用したオンプレミス、クラウド、組込み領域向けの Linux/OSS サービスを展開しています。また、これらの技術や実績を組み合わせ、IoT をはじめとする先端分野に向けて、「ヒト・モノ・コト」の正しさを証明し、お客様のサービスの信頼性を支えるサービスを推進しています。
「すべてのヒト、モノ、コトに信頼を」。サイバートラストは、IT インフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、安心・安全な社会を実現します。

当プレスリリースに関するお問い合わせ先

サイバートラスト株式会社
広報担当:椎名・野口
メール: press@cybertrust.co.jp

* 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。
* MIRACLE LINUX の名称およびロゴは、サイバートラスト株式会社の登録商標です。
* AlmaLinux は、The AlmaLinux OS Foundation の商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* CentOS および Red Hat、Red Hat Enterprise Linux は、米国およびその他の国における Red Hat, Inc. およびその子会社の商標または登録商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

デジタルトランスフォーメーションのための電子認証基盤 iTrust
SSL/TLS サーバー証明書 SureServer Prime
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS