English

お問い合わせ

プレスリリース

組込みシステムの課題を解決する「EMConnect」を提供開始

~ 組込み機器における安全性を強化し、IoT 化や高機能化を支援 ~

2018 年 11 月 9 日
サイバートラスト株式会社

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利 以下、サイバートラスト)は、組込みシステムの課題を解決するソリューション「EMConnect(イーエム・コネクト)」を、2018 年 11 月 9 日より提供開始します。

「EMConnect」は、組込み Linux OS「EMLinux(イーエム・リナックス)」、Arm®の機能を使った組込みセキュア OS「EMTee(イーエム・ティー)」、Linux OS と リアルタイムOS (RTOS) ※1 の共存を実現するソフトウェア「EMDuo(イーエム・デュオ)」、および Web ブラウザベースの組込み用 GUI フレームワーク「EMBrowser(イーエム・ブラウザ)」から構成される、次世代の組込みシステムニーズに応えるソフトウェア製品群の総称です。

IoT や M2M(機器間通信:Machine to Machine)の普及にともない、様々な市場において大量の組込み機器からのネットワーク接続が加速しています。同時に、自動車や POS システム、監視カメラなどがマルウェアに感染し、そこからサーバーに不正侵入されるといった脆弱性の問題も発生するようになってきました。米国カリフォルニア州では、相応のセキュリティ対策をしていない機器がインターネットに接続することを禁じる IoT セキュリティ法案が 2018 年 9 月に可決されるなど、組込み機器にセキュリティ機能を搭載することが急務となっています。

サイバートラストでは、市場のこうした動向やニーズを受け、組込み Linux を中心とした「EMConnect」の提供で、組込み機器のセキュアな IoT 化および高機能化を支援します。

「EM Connect」概要

「EMConnect」を構成する製品群

「EMConnect」は以下の製品から構成されます。単体でも組み合わせでも利用可能です。

  • EMLinux : サイバートラストが受託開発で豊富な導入実績を持つ、組込み向け Linux
    EMLinux は、サイバートラストが組込み Linux の受託開発で培ってきた技術と CIP (Civil Infrastructure Platform) ※2 の成果物をベースとし、最長 15 年間の長期保守が可能な組込み向け Linux ディストリビューションとして提供するものです。たとえば、ネットワーク診断機能を備えた産業機械に対して、OS のセキュリティパッチを提供し続けることで、万が一ネットワーク経由で脆弱性攻撃があった場合でも機器を守ることができます。
  • EMTee : Arm の機能を使った組込み向けセキュア OS
    Arm アーキテクチャを採用した機器のセキュリティを向上させる技術「Arm® TrustZone®※3 を利用することで、証明書の管理や暗号化などの秘匿性の高い処理を不正なプログラムから隔離します。たとえば、電子証明書を使った機器証明処理を EMTee 上で実行することで、 マルウェア等によるなりすましを防ぎ、IoT 機器証明の信頼度をより一層高めることができます。
  • EMDuo : 同一 SoC ※4 上で Linux と RTOS の同時実行を実現するソフトウェア・開発環境
    軽量かつシンプルな実装で組込みシステムでシェアの高い RTOS と、高機能かつ OSS の資産が豊富な Linux OS を一つの SoC 上に共存させ、 RTOS でリアルタイム処理をしながら Linux OS でネットワーク接続やグラフィック処理等が可能となります。たとえばカメラのシャッターの制御などに RTOS を使用し、撮影した写真をスマートフォン等に送信するネットワーク機能には Linux OS を使用することができます。
  • EMBrowser : 組込み用 Web ブラウザベースの GUI フレームワーク
    HTML5 で、直感的に操作しやすい IoT・組込み機器のタッチパネル GUI / HMI が簡単に開発できる、画像描画プラットフォームです。オープンソースの Gecko エンジンを採用し、よりリッチなインターフェイス開発のニーズを低コストで実現します。
10 年間以上の長期サポート

社会や産業のインフラを支える組込みシステムは、多くの場合 10 年以上にわたり使用され続けるため、一般的なソフトウェアのサポート期間(2 ~ 5 年)を大きく上回る、超長期間のメンテナンスが必要となります。同時に、脆弱性やバグフィクスに対してセキュリティアップデートを行い、機器のライフサイクルのどの時点でも産業グレードの堅牢性、安全性、高信頼性を確保する必要があります。サイバートラストは、Linux ディストリビュータとしての実績と豊富な経験と、OSS コミュニティとの連携により、カスタマイズした組込み Linux をはじめとした「EMConnect」の各製品のサポートを長期間にわたり提供する体制を擁しているため、組込み機器を提供するメーカーは、「EM Connect」を導入することで、市場におけるライフサイクルの長い組込み機器および IoT 機器の開発・製造をセキュアに実現可能となります。

提供開始時期(予定)

EMDuo      :2019 年 2 月
EMLinux    :2019 年 3 月
  ※ベータ版を先行提供します。バグフィクスなど各種修正や調整を行った正式版は2019年10月に提供予定です。
  ※組込みLinuxの受託開発は引き続き提供します。
EMTee      :2018 年 11 月
EMBrowser:2019 年中

価格

組込みソリューションとして、コンサルティングおよびサポートを含めて提供するため、個別見積りとなります。

※EMConnect に関する詳細は以下サイトをご確認ください。
https://www.miraclelinux.com/product-service/total-embedded/emconnect


サイバートラストでは、2018 年 11 月 14 日(水)から 11 月 16 日(金)までパシフィコ横浜で開催される『Embedded Technology 2018/組込み総合技術展』にて、「EMConnect」の展示と講演を行う予定です。

『Embedded Technology 2018/組込み総合技術展』概要
名称 Embedded Technology 2018/組込み総合技術展
開催日時 2018 年 11 月 14 日(水) 〜 16 日(金)
10:00 〜 17:00 ※15 日(木)は 18:00 まで
会場 パシフィコ横浜 地図
主催 一般社団法人 組込みシステム技術協会
展示ブース番号 B-27 (Arm パビリオン CTJ ブース)
セキュア IoT プラットフォーム : C-75 (セキュア IoT プラットフォーム協議会ブース内)
詳細・お申し込み http://www.jasa.or.jp/expo/
入場料:1,000円(税込)
※無料招待状持参者、来場事前登録者は無料
事前登録は、上記公式サイトよりお申し込みください。

※1
リアルタイム OS:一般的な汎用 OS と違い、リアルタイム性を重視した、組込みシステムで多く用いられる OS 。
※2
CIP (Civil Infrastructure Platform): Linux の普及を推進する団体、The Linux Foundation が運営する、社会インフラ向けに産業グレードのオープンソースソフトウェア基盤を提供する協業プロジェクト。
※3
Arm TrustZone:Arm のプロセッサコアに搭載されるセキュリティ機能。追加ハードウェアが不要で通常プログラムからセキュアデータへのアクセスをハードウェアレベルで制御するため、ソフトウェアによる攻撃から守ることが可能です。認証のためのセンサーや施錠など重要性の高いハードウェアの制御を不正なプログラムから隔離することにより安全な環境を構築することが可能。
※4
SoC (System-on-a-chip):ある装置やシステムの動作に必要な機能のすべてを、一つの半導体チップに搭載したもの。一般的には半導体チップは機能ごとに提供されるため、プラスチック基板上に複数のチップを実装して相互に接続する必要があるが、SoC では複数のチップに分かれていた機能を統合し、一つのチップとして提供する。

サイバートラスト株式会社について

2017 年 10 月、ミラクル・リナックスとサイバートラストが合併し、新生・サイバートラスト株式会社が誕生しました。
新生・サイバートラストでは、サイバートラストの認証事業とミラクル・リナックスの Linux/OSS 事業を組み合わせ、IoT をはじめとする先端分野における新たな価値を生み出す先駆者として、パートナー企業の皆さま、そしてお客様に貢献してまいります。
「信頼とともに」。サイバートラストは、IT インフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、安心・安全な社会を実現します。

当リリースに関するお問い合わせ先

サイバートラスト株式会社
広報担当:永来
TEL:03-6234-3800(代表)
メール:press@cybertrust.co.jp

※ 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。