English

お問い合わせ

プレスリリース

サイバートラストとユビキタス、IoT 機器向けの脆弱性診断サービスにおける協業を開始

~IoT 機器自体のサイバーセキュリティ確保を推進~

2017 年 10 月 24 日
サイバートラスト株式会社
株式会社ユビキタス

サイバートラスト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:阿多 親市 以下、サイバートラスト)と株式会社ユビキタス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐野 勝大 以下、ユビキタス)は、IoT 機器に対する脆弱性診断サービス「IoT デバイス脆弱性診断サービス」の提供に向けた協業を開始したことを発表します。

IoT の実用化が急速に進み、あらゆる IoT 機器に新たな脆弱性が発見される可能性があることから、IoT 機器自体のサイバーセキュリティの確保がユーザーの安心安全な利用環境を守り、社会経済活動を確保する観点から重要な課題となっています。2017 年 10 月に総務省より「IoT セキュリティ総合対策」が公表され、IoT 機器のライフサイクル全体を見通した対策に加えて、関係者の連携による脆弱性対応の体制整備と計画的かつ包括的な脆弱性調査を継続的に実施する必要が提唱されています。

サイバートラストは、2017 年 9 月に発表した「IoT 脆弱性診断サービス」の技術と、ユビキタスの持つ組込みソフトウェア開発実績やセキュリティの技術的知見を活かして IoT 機器向けの高度な脆弱性診断サービスの開発を推進します。「IoT デバイス脆弱性診断サービス」は、2018 年春の提供開始を目指し、既存の「IoT 脆弱性診断サービス」で検出できる通信における脆弱性や認証に関するメカニズムや強度に加えて、ファームウェア/ハードウェアの解析まで行い、デバイス自体の脆弱性検出を実現します。

ユビキタスグループ企業の株式会社エーアイコーポレーションが国内販売代理権を獲得した脆弱性を検出するファジングツール「beSTORM」をはじめ、同社が持つ IoT セキュリティやソフトウェア技術などで協力し、より専門的かつ高度な診断サービスを目指してまいります。サイバートラストとユビキタスは、今回の協業により、IoT 時代のサイバーセキュリティに対応した IoT 機器の脆弱性対策を推進します。

※ファジングツールとは:組込み機器やソフトウェア製品のバグや未知の脆弱性を検出するセキュリティテスト用のツール。


関連リリース

ユビキタス・AI コーポレーション グループ、IoT 機器のサイバーセキュリティ対策とソフトウェア品質向上を実現する製品群と技術サービスを統合した事業を開始(株式会社ユビキタス、株式会社エーアイコーポレーション)
https://www.ubiquitous.co.jp/news/press/20171024_p2281.html


株式会社ユビキタスについて

ユビキタス社は、2001 年に創業された組込み機器向けを中心としたコンピュータソフトウェアの開発・ライセンスを行う企業です。ユビキタス社会において必要となる、ネットワーク関連(ホームネットワーク関連・暗号技術を含む)、データベース、システムの高速起動技術などの多数のソフトウェアとサービスを提供しております。他と差別化された製品群で、ユビキタス社会の要請に応えます。
本社所在地 : 東京都新宿区西新宿 1-21-1 明宝ビル 6F
https://www.ubiquitous.co.jp/

サイバートラスト株式会社について

2017 年 10 月、旧サイバートラストとミラクル・リナックスが合併し、新生・サイバートラスト株式会社が誕生しました。新生・サイバートラストでは、旧サイバートラストの認証事業とミラクル・リナックスの組込み Linux 事業の組み合わせで、IoT をはじめとする先端分野における新たな価値を生み出す先駆者として、専門性・中立性の高い技術・サービスを提供いたします。
本社所在地 : 東京都新宿区新宿 6-27-30 新宿イーストサイドスクエア 7F
https://www.cybertrust.co.jp

当リリースに関するお問い合わせ先

サイバートラスト株式会社
広報担当:岸田・椎名・佐々木
TEL:03-6205-9530
メール:press@cybertrust.co.jp

株式会社ユビキタス
広報担当:藤井
TEL:03-5908-3451

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。