採用情報

お問い合わせ

お知らせ

イベント・セミナー

【ウェビナー】PSIRT 運用における脆弱性管理のポイント【12 月 21 日開催】

2022 年 11 月 29 日

近年、様々な機器の脆弱性を悪用したランサムウェア攻撃などのサイバー攻撃が増えています。このため、自社の製品・サービスの脆弱性やセキュリティインシデントに対して、原因を究明し、インシデント対処や情報公開などの迅速な対応が求められます。このような製品・サービスに対するセキュリティインシデントの対応体制を『PSIRT』と呼びます。
本セミナーでは、PSIRT を実現するための運用や、PSIRT の中でも重要となる脆弱性管理について解説し、そのソリューションをご紹介します。

こんな方におすすめ
  • セキュリティ担当の方
  • PSIRT の基本を知りたい方
  • 脆弱性管理に興味のある方

セミナー概要

名称 PSIRT 運用における脆弱性管理のポイント
開催日時 2022 年 12 月 21 日(水)12:00~12:50
会場 ウェビナー開催(Zoom ウェビナー)
※ お申込み時にご登録いただくメールアドレスにアクセス先 URL をご案内します。
参加費用 無料(事前登録制)
共催 サイバートラスト株式会社、株式会社日立製作所

プログラム

12:00~12:20 PSIRT 運用における課題と対処
~日立 PSIRT ソリューションのご紹介~

株式会社日立製作所 デジタルエンジニアリング事業部 
エンジニアリングサービス第一本部 インテグレーション&サービス第 3 部 野中 康充
製品セキュリティインシデントの対応体制である PSIRT が必要となってきた背景をデータを交えてご説明したのち、お客様の PSIRT 構築から運用までを支援する日立 PSIRT ソリューションをご紹介します。さらに PSIRT 特有の脆弱性管理の課題と、そこに求められる機能の CSIRT との違いについてもご紹介します。
12:20~12:40 MIRACLE Vul Hammer を用いた PSIRT での脆弱性管理
サイバートラスト株式会社 OSS 事業推進本部 OSS 新規ビジネス推進部 製品担当マネージャー 富田佑実
近年、サイバー攻撃を行う上でベンダが提供した製品の脆弱性を狙われるケースが増えています。また、その際にサプライチェーン経由でベンダに対し身代金の要求が起きるなど、ベンダとしても脆弱性の把握及び迅速な通知が求められています。本セッションでは、サイバー攻撃の事例や脆弱性管理の必要性をご紹介します。
12:40 ~ 12:50 質疑応答

※講演内容は変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※競合企業、同業他社、個人の方のご参加はお断りさせていただく場合もありますのでご了承ください。

セミナーお申込み

以下の申込みフォームよりお申し込みください。

セミナーのお申し込みはこちら

※本セミナーへのお申込みに際しては、各社の個人情報保護方針をご確認いただきご同意いただく必要がございます。
※本お知らせに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

デジタルトランスフォーメーションのための電子認証基盤 iTrust
SSL/TLS サーバー証明書 SureServer Prime
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS