English

お問い合わせ

テレワーク向けセキュリティ診断サービス

テレワーク向けセキュリティ診断サービス

働き方改革や BCP(事業継続計画)の観点で、有効な手段とされているテレワーク/リモートワークですが、新型コロナウイルスの影響もあり、昨今企業などでの導入が加速しています。一方、外出先やコワーキングスペースでの PC や USB の紛失・盗難、マルウェアの感染などによる情報漏洩リスクが課題となっています。

本サービスは、テレワークを導入またはこれから検討する企業に対して、企業の重要情報(顧客情報、技術情報等)が漏洩するリスクを「診断シート」によって可視化します。また、診断結果に基づき、ご予算、環境に応じた情報漏洩を防止するためのセキュリティ対策をご提案します。

サービス概要

簡単なチェックシートに回答していただいた後、電話やメールによる質疑応答を経て、情報セキュリティのコンサルタントがリスクチェックを行い、企業の情報資産の把握とリスクの可視化、予算や状況に合わせた管理上の対策立案までをワンストップで実施します。

Step1:現状把握 ルールの見直しや情報資産(端末・情報・システム等)の利用状況を客観的に把握
Step2:リスクの見える化 情報資産の運用・管理上、「漏えい・盗聴」など事業に影響を与える「リスク」が無いか洗い出し
Step3:対策方針の決定 「リスク」の高いものを優先し、「対策」の検討と「受容」の判断
Step4:有効性評価 「予算」「時間」「リソース」など、自社の優先事項を考慮し「有効な対策」を決定

※本サービスは、大日本印刷株式会社(DNP)と共同で提供しております。

診断内容イメージ

フル診断内容イメージ
テレワーク/リモートワーク向けセキュリティ診断サービス フル診断内容イメージ
診断結果レポートイメージ

テレワーク/リモートワーク向けセキュリティ診断サービス 診断結果レポートイメージ

テレワーク/リモートワーク向けセキュリティ診断サービス 判定結果イメージ

※ 総務省「テレワークセキュリティガイドライン第 4 版」の指標(経営者、システム管理者、テレワーク勤務者)に対する順守状況を 6 段階で評価
※ テレワークにおける情報漏洩等脅威が発生する危険度を「経営者」「システム管理者」「テレワーク勤務者」別に視覚化

テレワーク/リモートワーク向けセキュリティ診断サービス リスク評価結果イメージ

トライアル簡易診断

昨今の急速なテレワーク導入企業増加にあわせ、2020 年 12 月 25 日までの期間限定で、トライアル簡易診断を無償で提供しております。

総務省「テレワークセキュリティガイドライン」に沿って、「ルール」「人」「技術」の 3 つの観点で、特に重要な 10 のポイントのチェックを行います。各企業からチェックリストを受領した後、原則、2営業日後に診断レポートを提供します。経営層の理解促進といった課題に対しても、テレワークによる情報漏えいリスク等の可視化を簡易的に、迅速に行います。

※本コースは、資産台帳の作成支援と対策の提示は含みません。

本サービスのお申込み・ご相談

dnp-logo.png
本サービスは、大日本印刷株式会社と共同で提供しております。本サービスのお申込み・ご相談は、下記の大日本印刷のウェブサイトのお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

まずはご相談から

お客様、利用者様に安心・安全をご納得いただくため、情報セキュリティの「見える化」を実現いたします。
経験豊かなコンサルタントが、みなさまからのご相談をお待ちしております。

お名前 必須
法人名 必須
部署名
メールアドレス 必須 ※入力間違いにご注意ください。
電話番号 必須
お問い合わせ内容 必須
詳しくはサイバートラストのプライバシーポリシーをご覧ください。

サイバートラストのテレワークソリューション
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS