IR 情報

お問い合わせ

プレスリリース

サイバートラスト、オープンソース プログラム オフィス(OSPO)を設立

〜 OSS を活用する企業として全社的な OSS 戦略の策定・遂行と、OSS への貢献と事業との接続を推進 〜

2022 年 6 月 23 日
サイバートラスト株式会社

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利 以下、サイバートラスト)は、オープンソース プログラム オフィス(以下、OSPO)※1 を設立したことを発表します。このたび設立した OSPO は、OSS コミュニティなどのオープンソースの世界と、企業としてのサイバートラストという異なる仕組みで動く組織を橋渡しするガイドとしての役割を担います。OSS 活動への支援と効率的な推進を行い、OSS 戦略を全社的に浸透させることで OSS 活動のさらなる発展を促し、OSS への貢献と事業との接続を図ります。

<背景>

OSS はサイバートラストの主要事業のひとつであるとともに、認証・セキュリティや IoT においても OSS を活用しており、それぞれの事業の基盤を支えています。
サイバートラストでは、今後も事業を継続的に成長させるためには、社内での OSS 戦略の浸透と、技術のみでなく法律や文化も含めた OSS に関する理解の促進、OSS 活動の自律性を促し支援する文化の醸造、OSS の利活用のサポートや社内外との関係構築が必須と考え、OSPO の設立に至りました。

サイバートラストの OSPO では、企業活動として OSPO の役割に準拠し、以下の活動に取り組みます。

  • 社内外における OSS 活動の活性化・サポート
  • 全社での OSS に関する知識の浸透
  • ビジネス戦略上の OSS 活動への支援、各部署との OSS 活用における連携
  • 上記の実現と連携を支える OSS 戦略・ポリシーの策定

OSS の統括・推進団体である Linux Foundation は、テクノロジー企業、一般企業を問わず、OSS の利用を組織として管理し、戦略的に考える必要性があるとして「企業のためのオープンソースガイド」の公開などで OSPO の取り組みを支援しています。

このたびの OSPO 設立に対して、The Linux Foundation 日本担当バイスプレジデント 福安 徳晃氏より以下のコメントをいただいています。

The Linux Foundation 日本担当バイスプレジデント 福安 徳晃様

この度のサイバートラスト株式会社様の OSPO 設立を大変嬉しく思います。Linux Foundation は、これまで OSPO の構築方法について多くのガイドやツールキットを公開しており、日本企業においても採用しやすいように、可能な限り有効なドキュメントの日本語化に取り組んで参りました。これらは、OSS を推進する何千ものさまざまな企業のベストプラクティスに基づいています。OSS 先進企業であるサイバートラスト株式会社様の OSPO が、日本企業からまた新たな成功例を伝え、日本でも OSPO 設立の動きが一層広まることを期待しています。

OSPO の設立にあたり、オープンソースに関わる活動実績から Chief Open Source Officer(COSO)に就任した鈴木 崇文(すずき たかのり)は以下のコメントをしています。

Chief Open Source Officer 兼 OSS 技術本部 第一基盤技術部 鈴木 崇文

当社ではいままで企業としても個々の社員としても OSS 活動に取り組んできましたが、OSS への貢献と当社の企業としての活動をつなげることがメリットに繋がると確信し、それをより強固なものとすべく今回 OSPO を設立いたしました。企業と OSS の関係というと、古くは私が学生時代に読み OSS に取り組むきっかけとなったエリック・レイモンドのオープンソース三部作、特に OSS の経済的側面について書かれた「魔法のおなべ」(The Magic Cauldron)が強く印象に残っています。OSPO はそこからさらに発展し、Linux Foundation や TODO Group により提供されている多くの最新の情報によって、OSS コミュニティと企業という異なる仕組みで動く組織を橋渡しするガイドになっています。当社は OSPO によって、より継続的な OSS への貢献と発信ができるよう組織として支援強化し、技術部門に限らず当社全体で OSS への理解を深め、コミュニティと当社と顧客のすべてにメリットのある仕組みを構築していきます。

COSO 鈴木 崇文

これまでサイバートラスト社員および関連企業社員はさまざまなコミュニティ活動を行っており、KernelCI プロジェクト技術運営委員会メンバーへの就任や、Yocto Project Ambassador への就任、Python カンファレンスのスタッフとしての活動が米国本国で表彰を受けるなど、社外からも評価を受けています。サイバートラストは会社としてもこれらの活動を表彰しているほか、OSS イベントなどへの参加費や渡航費の支援、コミュニティ活動のための特別休暇を設けるなど、個々のコミュニティ活動を支援しています。
当社のコミュニティ活動の実績は以下のページに公開しています。
https://www.miraclelinux.com/miracle110/oss/community

サイバートラストは、OSPO の取り組みにより、コミュニティへの貢献・連携を強化するとともに、会社組織を横断して OSS 活動のさらなる発展を促し、OSS への貢献と事業との接続を推進します。エンタープライズ向けの OSS 製品のみならず、組込み・IoT や認証・セキュリティの製品サービスを含めて OSS 活用をさらに安定・効率化し、これらの製品サービスを安定的にご利用いただけるよう、さらなる品質向上を目指してまいります。

関連 Web サイト
※1
OSPO(Open Source Program Office)とは:オープンソースの世界と企業の内部との全ての接点に関与・支援し、OSS への貢献と事業との接続を図る部門や組織。OSS を組織で利用・推進する際の戦略や管理を司り、活動には OSS ライブラリの選択、ライセンスコンプライアンスのワークフロー、広範な OSS コミュニティとの関係などの監督が含まれます。
サイバートラスト株式会社について

サイバートラストは、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたり提供している認証・セキュリティサービスと、ミラクル・リナックスのカーネル技術やオープンソースソフトウェア(OSS)の知見を応用したオンプレミス、クラウド、組込み領域向けの Linux/OSS サービスを展開しています。また、これらの技術や実績を組み合わせ、IoT をはじめとする先端分野に向けて、「ヒト・モノ・コト」の正しさを証明し、お客様のサービスの信頼性を支えるサービスを推進しています。
「信頼とともに」。サイバートラストは、IT インフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、安心・安全な社会を実現します。

当プレスリリースに関するお問い合わせ先

サイバートラスト株式会社
広報担当:椎名・佐伯
メール: press@cybertrust.co.jp

* 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

デジタルトランスフォーメーションのための電子認証基盤 iTrust
SSL/TLS サーバー証明書 SureServer Prime
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS