English

お問い合わせ

Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 動作確認済みサーバー

Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 動作確認済みサーバー

稼働確認が行われていないハードウェアに関しては弊社で確認させていただきますのでお問い合わせください。

動作確認状況の記号について

インストールCDのみで全てのデバイスが動作可能
ドライバディスクを利用することで全てのデバイスが動作可能
インストールには弊社提供以外のドライバやデバイスの追加が必要です
× 弊社提供のメディアではインストールすることができません

下記のメーカー様のハードウェアについて掲載しています。

日本電気株式会社

Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 for x86 / for x86-64

機種名 動作確認状況
Express5800/R120a-2 ◎ *148

*148 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP2)で検証

デル株式会社

Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 for x86 / for x86-64

機種名 動作確認状況
PowerEdge 1950 Ⅲ ◎ *125
PowerEdge 2900
PowerEdge 2950 Ⅲ
PowerEdge 6850 ◎ *82
PowerEdge 860
PowerEdge R20
PowerEdge R300 ◎ *132
PowerEdge R710 ◎ *148
PowerEdge SC1435
PowerEdge SC1950
PoweEdge SC2950
PowerEdge SC440

*82 RAID コントローラ無しの構成で確認
*125 上位機種の DELL PowerEdge 2950 Ⅲにて検証
*132 SAS6iR 搭載モデルで検証
*148 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP2)で検証

日本アイ・ビー・エム株式会社

Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 for x86 / for x86-64

機種名 動作確認状況
BladeCenter HS21(8853)
BladeCenter HS22(7870-L2J) ◎ *143
System x3105(4347)
System x3200 M2(4368-PAX)
System x3200 M3(7328-C1J) ◎ *148
System x3200(4363)
System x3250 M2(4194-PAV)
System x3250 M3(425-52J) ◎ *148
System x3250 M4(2583-72J) ◎ *155
System x3250(4365)
System x3400(7975)
System x3455(7984)
System x3500 M3(7380-92J) ◎ *153
System x3500(7977)
System x3550 M2(7946-42J) ◎ *143
System x3550 M3(7944-G2J) ◎ *148
System x3550(7978)
System x3650 M2(7947-42J) ◎ *143
System x3650 M3(7945-G2J) ◎ *148
System x3650(7979)
System x3655(7985)
System x3755(8877)
System x3850 M2(7141) △ *134
System x3850 X5(7145-5RJ) ◎ *148
System x3950(8878)
分類 オプション名 動作確認状況
RAID nboard RAID ◎ *116
RAID ServeRAID-7t ◎ *117
RAID erveRAID-8i ◎ *118
RAID ServeRAID-8k ◎ *119
RAID ServeRAID-8k-l ◎ *120

*116 BladeCenter HS21(8853), System x3200(4363),x3250(4365)にて検証
*117 System x3105(4347)にて検証
*118 System x3850(8864),x3950(8878)にて検証
*119 System x3500(7977)にて検証
*120 System x3400(7975),x3550(7978),x3650(7979),x3655(7985),x3755(8877)にて検証
*134 内蔵NICをご使用になることができません。
ご使用になられる際は、搭載されているBroadcom NetXtreme IIに対応した最新のドライバをダウンロードしていただく必要があります。
*143 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP1)で検証
*148 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP2)で検証
*153 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP3)で検証
*155 RAIDコントローラにServeRAID-BR10il v2搭載モデルで検証

日本ヒューレット・パッカード株式会社

Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 for x86 / for x86-64

機種名 動作確認状況
HPE ProLiant BL460c
HPE ProLiant BL460c G6 ◎ *153
HPE ProLiant DL120 G5
HPE ProLiant DL120 G6 △ *153 *154
HPE ProLiant DL140 G3
HPE ProLiant DL160 G5
HPE ProLiant DL180 ◎ *126
HPE ProLiant DL320 G5
HPE ProLiant DL320 G5p ◎ *129
HPE ProLiant DL320 G6 ◎ *148
HPE ProLiant DL320s
HPE ProLiant DL360 G5
HPE ProLiant DL360 G6 ◎ *148
HPE ProLiant DL360 G7 ◎ *153
HPE ProLiant DL365
HPE ProLiant DL380 G5
HPE ProLiant DL360 G6 ◎ *143
HPE ProLiant DL385 G2
HPE ProLiant DL385 G5 ◎ *143
HPE ProLiant DL580 G5 ◎ *138
HPE ProLiant ML150 G3
HPE ProLiant ML310 G4
HPE ProLiant ML310 G5
HPE ProLiant ML310 G5p ◎ *143
HPE ProLiant ML350 G5
HPE ProLiant ML370 G5

※126 DHCPを利用している環境下で、ブート時にNICが自動でリンクアップしない場合があります。
その際は /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 の最後に check_link_down () { return 1; }
下記を追記してください。
サーバに接続したキーボードで、1秒程度キーがしっぱなし状態になる現象が確認されました。
*129 458271-291モデルで検証
*138 451993-291モデルで検証
*143 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP1)で検証
*148 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP2)で検証
*153 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP3)で検証
*154 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP3)ではドライバが対応していないため内蔵の "Smart Array B110i SATA RAID コントローラ"を使用するこ とができません。その他のRAIDコントローラをご使用ください。ディスクをRAID構成で使わない場合は問題なく動作します。

富士通株式会社

Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 for x86 / for x86-64

機種名 動作確認状況
PRIMERGY(プライマジー) RX200 S7
PRIMERGY(プライマジー) RX100 S6 ◎ *141
PRIMERGY(プライマジー) RX200 S6 ◎ *153
PRIMERGY(プライマジー) RX300 S6 ◎ *153
PRIMERGY(プライマジー) RX100 S5 ○ *148 *149
PRIMERGY(プライマジー) RX200 S6
PRIMERGY(プライマジー) RX300 S6
PRIMERGY(プライマジー) RX200 S5 ◎ *143
PRIMERGY(プライマジー) RX300 S5 ◎ *143
PRIMERGY(プライマジー) RX200 S4 ◎ *139
PRIMERGY(プライマジー) RX300 S4
PRIMERGY(プライマジー) RX600 S4
PRIMERGY(プライマジー) RX200 S3
PRIMERGY(プライマジー) RX300 S3
PRIMERGY(プライマジー) RX600 S3
PRIMERGY(プライマジー) TX150 S6
PRIMERGY(プライマジー) TX200 S6
PRIMERGY(プライマジー) TX300 S6
PRIMERGY(プライマジー) TX150 S5
PRIMERGY(プライマジー) TX200 S5
PRIMERGY(プライマジー) TX300 S5
PRIMERGY(プライマジー) TX300 S4
PRIMERGY(プライマジー) TX200 S3
PRIMERGY(プライマジー) TX120W
PRIMERGY(プライマジー) BX920 S2 ◎ *143 *148
PRIMERGY(プライマジー) BX920 S1 ◎ *143
PRIMERGY(プライマジー) ECONEL 100

*139 SASモデルで検証
*141 SASモデル、CD-ROM未搭載モデルで検証
*143 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP1)で検証
*148 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP2)で検証
*149 SASアレイコントローラカード(PGB248LC)をご使用の場合にはドライバディスクが必要です(ご要望の場合はお問い合わせ ください)。 NICの認識にはドライバディスクが必 要です。ドライバディスクをご使用下さい。2010年7月リリース予定のMIRACLE LINUX V.5 ==Asianux Server 3 SP3 ではこれらのドライバディスクは不要です。
*153 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP3)で検証

日本オラクル株式会社

Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 for x86 / for x86-64

機種名 動作確認状況
Sun Fire X4150
Sun Fire X4170 ◎ *143
Sun Fire X4250 Server ◎ *143

*143 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP1)で検証

株式会社東芝

Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 for x86 / for x86-64

機種名 動作確認状況
MAGNIA 1005R
MAGNIA 1105R
MAGNIA 2500
MAGNIA 2505R
MAGNIA 2515R
MAGNIA 2605R ◎ *147
MAGNIA 2615R
MAGNIA 3515R
MAGNIA 3600
MAGNIA 3605R ◎ *146
MAGNIA 3615R
MAGNIA 7505R
MAGNIA CT400
MAGNIA LiTE41S
MAGNIA LiTE41SE
MAGNIA LiTE42S
MAGNIA R3320a
MAGNIA R3310a
MAGNIA T3350a
MAGNIA R1510a
MAGNIA R1310a
MAGNIA T1340a
MAGNIA C1300a

*146 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 SP1の場合は、MAGNIA 3605Rに搭載しているIntel 82576のネットワークカードを認識しないためドライバディスクが必要です。(詳 細は、https://www.miraclelinux.com /support/?q=node/316) Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 SP2ではドライバーディスクは必要ありません。
*147 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 SP1の場合は、MAGNIA 2605Rに搭載しているIntel 82576のネットワークカードを認識しないためドライバディスクが必要です。(詳 細は、https://www.miraclelinux.com /support/?q=node/316) Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 SP2ではドライバーディスクは必要ありません。

株式会社イースリム・ジャパン

Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5 for x86 / for x86-64

機種名 動作確認状況
SV7-2187 ◎ *143

*143 Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(Asianux Server 3 SP1)で検証


注意事項

この一覧表は、各メーカー様または弊社で動作確認を行ったサーバ機の一覧です。以下に注意していただき、ハードウェア選定の参考にしてください。 一覧に無いハードウェアも現在、稼働確認中の場合がございますので、お問い合わせください。

  • 表に示すサーバでの MIRACLE LINUX の動作を保証するものではありません。
  • 表に示すサーバ以外での MIRACLE LINUX の動作を否定するものではありません。
  • Asianux Server 3 == MIRACLE LINUX V5(MIRACLE LINUX V5) は Red Hat Enterprise Linux v5.x と互換性があるため、表に示すサーバ以外の機種であっても Red Hat Enterprise Linux v5.x が動作する機種は MIRACLE LINUX V5 も動作します。ただし、すべてのマシンで動作を保証するものではないことを了承ください。
  • 表に示すサーバ以外での動作可否については、製造元のハードウェアメーカー様にお問い合わせくだい。
  • 弊社提供以外のドライバに関するお問い合わせは、サポートサービスの範囲外となりますことをご了承下さい。
  • 当社サイトの稼働確認に載せていないハードウェア機種に関しては、御要望が多い機種についてはハードウェア提供企業と検討の上で対応をしてま いります。御急ぎの場合には、該当 ハードウェアを当社宛に送付頂き、有償にて稼働確認を行うサービスも提供致しております。(稼働確認を行うサービスは 20 万円(税抜)の実費で行います。)

稼働確認が行われていないハードウェア機種上で MIRACLE LINUX を利用する場合でも、該当機種固有と思われる問題を除いて、無償インストールサポート、プロダクト・サポートなど各 種サポートサービスを提供致します。

製品・サービスについてのお問合せ

製品やサービスについてのご相談やご質問、お見積もりのご依頼は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

サイバートラストのテレワークソリューション
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS