採用情報

お問い合わせ

BLOG

SSL/TLS サーバー証明書 BLOG

Chrome 110 がリリース、古い OS のサポート終了にも注意

主要ブラウザーのバージョン 110 リリースによる影響は?

Google Chrome 110 のデスクトップ向けの正式版が 2023 年 2 月 7 日(米国現地時間)にリリースされました。Microsoft Edge および Mozilla FireFox についても、バージョン 110 が提供されています。

Google Chrome 110 2023 年 2 月 7 日
Microsoft Edge 110 2023 年 2 月 9 日
Mozilla FireFox 110 2023 年 2 月 14 日
※米国時間

バージョン 110 以降では、すでにサポートが終了した Windows 7/8/8.1 はサポートされていません。最新版のバージョンのブラウザーを利用するためには、Windows 10 以降の最新版のオペレーティングシステム(OS)を利用することが必要です。今のところ Mozilla FireFox では、法人向けの長期サポートリリース(ESR)があり、現在の FireFox ESR は、FireFox 102 系統で、最終版のリリースは 2023 年 8 月 29 日(米国時間)が予定されています。FireFox ESR が 102 系統から 115 系統へ移行されるタイミングで、Windows 7/8/8.1 のサポートが終了することになる予定です。

Mozilla Wiki

(出典)Mozilla Wiki

古いバージョンのソフトウェアを利用するセキュリティリスク

商用ソフトウェア、オープンソースソフトウェア(OSS)に関係なく、すべての OS や Web ブラウザーなどにセキュリティホールとなる脆弱性が発生しないという保障はありません。そのため、ソフトウェアの開発・提供元は、セキュリティの観点から古いバージョンのソフトウェアのサポートを終了し最新版を提供しています。

脆弱性を放置することで、ゼロデイ攻撃やランサムウェア攻撃の被害に遭うリスクが高まってしまいます。
BLOG:IPA「情報セキュリティ 10 大脅威 2023」を発表」で解説しましたが、古いバージョンのソフトウェアでは、セキュリティ耐性が低下するため、常に最新版にアップデートすることが重要です。また、サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃への対策には、脆弱性を可視化し脆弱性の存在が明らかにあった場合には、迅速に最新版にアップデートできるための備えが必要です。MIRACLE Vul Hammer は、脆弱性情報の収集と対応すべき脆弱性の選定、方針の検討、検証、適応までの効果的な脆弱性管理を実現します。

本記事に関連するリンク
デジタルトランスフォーメーションのための電子認証基盤 iTrust
SSL/TLS サーバー証明書 SureServer Prime
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS