English

お問い合わせ

プレスリリース

監視統合ソフト「MIRACLE Hatohol Enterprise」の最新版を提供開始

~ ユーザーインターフェイスの改善と各種運用管理ツールとの連携強化により、企業でのシームレスなシステム運用管理を支援 ~

2017 年 6 月 29 日

ミラクル・リナックス株式会社

 

ミラクル・リナックス株式会社(本社:東京都新宿区新宿、代表取締役社長:伊東 達雄 以下、ミラクル・リナックス)は、複数の運用管理ツールを統合する企業向け監視統合ソフトウェア「MIRACLE Hatohol Enterprise」の最新版を、2017 年 6 月 30 日より提供開始します。

「MIRACLE Hatohol Enterprise」は、ミラクル・リナックスがオープンソースソフトウェア(OSS)の「Hatohol *」を商用版として製品化したもので、MIRACLE ZBX シリーズおよび OSS の Zabbix や Nagios などの運用管理ツールで検出したイベントを集約して一元的に監視することができます。個々のシステムやサービスごと、あるいは各拠点に別々の監視サーバーを設置してシステム監視を行っている企業での導入が進んでいます。

最新版となる「MIRACLE Hatohol Enterprise v2.1」では、ユーザーインターフェイスを改善し、重要イベントを見逃さないイベント画面としたほか、HAPI(Hatohol Arm Plug-in Interface) 2.0 を搭載し、Zabbix、Nagios を含め、実績の高いオープンソースの Fluentd や Hinemos など各種運用管理ツールとの連携がさらに容易になりました。システムの拡大時にも既存の監視を止めずに監視サーバーを追加でき、スケールアウト時の高可用性を実現しています。また、クラウド環境を含めた監視も可能です。この度リリースする最新版は、2016 年 12 月リリースのコミュニティ版「Hatohol 16.12」をベースに企業システム向けに開発し、さらなる負荷試験、機能試験を通した品質向上を実施して提供しています。

MIRACLE Hatohol Enterprise 画面

 

【「MIRACLE Hatohol Enterprise」概要】
<主な機能>

統合システム監視環境との連携
MIRACLE ZBX や Zabbix、Nagios など、複数の監視システムが監視しているサーバーやシステムの情報を統合し、単一のビューで監視することができます。拠点が物理的に離れている場合やシステム規模が増大して監視サーバーをスケールアウトする場合に、それらをまとめて監視することができます。
インシデント管理システムとの連携
情報集約部より異常と判断された事象について、OSS のインシデント管理システム(Redmine)と連携して自動起票し、そのインシデントの状態(未確認・受理・調査中・クローズなど)を Hatohol のイベント一覧画面から閲覧可能にします。

<「MIRACLE Hatohol Enterprise v2.1」での主な機能強化>
  • ユーザーインターフェイスの改善
    障害などのシステムに影響を及ぼす重要イベントを見逃さないように設計したイベント画面に改善しました。
    - 「未対処の重要イベント数」を表示し、重要イベントの発生状況を瞬時に把握可能
    - イベントごとに「対処中」「対処済」など対処状況をマークすることが可能
    - 個々の運用スタイルに合わせた柔軟なフィルタリング(絞り込み)が可能
    - イベント画面上に対処履歴や引き継ぎ事項などのコメントが可能
    - 運用に合わせて、深刻度ごとに表示色の変更や、表示する項目の選択などのカスタマイズが可能
  • 最新の HAPI によりユーザーが各種運用管理ツールとの接続用プラグインを作成可能に
    HAPI 2.0 を搭載し、Zabbix、Nagios を含め、運用管理ツールとの連携が容易に実現できるようになりました。
    - HAPI 2.0 を利用したプラグインを作成することで Hinemos や各種運用管理ツールなどと連携可能
    - Hatohol と各種運用管理ツールとの通信を暗号化可能
<価格>

「MIRACLE Hatohol Enterprise v2.1」では、ライセンスとサポートを合わせたサブスクリプション方式を採用し、監視サーバーの台数に応じた価格設定にしました。

年間サブスクリプション

  • 監視サーバー 3 台まで 120 万円(税抜)
  • 監視サーバー 6 台まで 210 万円(税抜)
  • 監視サーバー 7 台以上 応相談

※Redmine との接続部分はサポート対象です。
監視サーバーや Redmine など Hatohol 以外の運用管理ツール自体のサポートは含みません。

* 運用統合ソフトウェア「Hatohol(はとほる)」について
「Hatohol」は、システム監視やジョブ管理やインシデント管理、ログ管理など、さまざまな運用管理ツールのハブとなるツールです。 Hatohol はシステム監視ツールの連携機能を持ち、複数の Zabbix と Nagios で監視を行っている場合に、それらの蓄積する監視情報を集約して表示する機能を提供します。

■MIRACLE Hatohol Enterprise について

MIRACLE Hatohol Enterprise は、コミュニティ版運用統合ソフトウェア「Hatohol(はとほる)」をベースに、ミラクル・リナックスが開発・検証・バグフィックスを行って提供している企業システム向けの監視統合ソフトウェアです。

■ミラクル・リナックス株式会社について

ミラクル・リナックスは、「日本品質」の技術およびサポートにより、オンプレミス、クラウド、組込みのあらゆる領域で活用できるエンタープライズ Linux OS を提供しています。通信事業や公共、金融事業など幅広いエンタープライズ領域での採用実績に加えて、Linux のカーネル技術をさまざまな分野に応用し、カーナビゲーション、自動販売機、医療用端末、映像配信機器など用途別専用機器や、デジタルサイネージ用プレイヤーにも組込み Linux OS の実績を伸ばしています。
さらに、オープンソースベースの企業向け統合監視ツールやバックアップソフトウェアを開発しているほか、統合運用ソフトウェアを開発し、オープンソースとしてコミュニティに公開するなど、オープンソースの活性化に向けた取組みも積極的に行っています。

* MIRACLE LINUX の名称およびロゴは、ミラクル・リナックス株式会社の登録商標です。
* Linux は、Linus Torvalds 氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
* その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

サイバートラストのテレワークソリューション
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS