IR 情報

お問い合わせ

サイバートラスト 製品サービス 導入事例

CentOS 7 から長期サポート体制をもつ国産 Linux OS「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7」に切り替え

事例企業: 某産業装置メーカー

業種:製造業   規模:50~300人

事例カテゴリ:コスト・工数削減長期サポート

採用製品: MIRACLE LINUX MIRACLE LINUX ウェブサイト

導入前の課題

産業用 IoT ゲートウェイの製品提供にあたって、コストを抑える目的で CentOS 7 ベースで開発を行っていた。 産業用途での長期利用に対応して、自社で独自にインストールしたパッケージを含めた、Linux OS 全体の長期での維持メンテナンスが必要だった。

導入の目的・解決手段

CentOS 7 同様に Red Hat クローンであり、国内のエンジニアによる長期サポート体制をもつ国産 Linux OS「Asianux Server 7 == MIRACLE LINUX V7」に切り替えた。これにより製品に特化した独自パッケージを含めた Linux OS 全体の長期の維持管理と技術サポートを個別カスタマイズで提供可能にした。

導入効果

産業用途の長期利用でも安心して長期供給が可能になり、結果的に全体のコスト圧縮につながった。 将来的に CentOS 8 の採用を検討していたこともあり、CentOS プロジェクトによる CentOS 8 の開発終了予定と CentOS Stream に切り替わる方針への対応も事前に予防することにつながった。

この事例の製品・サービスのウェブサイト

MIRACLE LINUX

この事例に関連のある他の事例

気象や通信などの新技術からソリューションを開発する基盤製品に MIRACLE LINUX と MIRACLE FailSafe を採用

日鉄ソリューションズ株式会社

Asianux Server 7 を活用し、新旧 4 世代のパソコンで安定して動作

国立米子工業高等専門学校

事例一覧へ

すべての事例を参照

SSL/TLS サーバー証明書 SureServer Prime
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS