IR 情報

お問い合わせ

BLOG

SSL/TLS サーバー証明書 BLOG

第1回「コツさえ分かればスグできる!?サーバー証明書の発行の流れを知ろう!」

漫画でわかる!SSL/TLS サーバー証明書の発行方法!

SSL/TLS サーバー証明書の申請方法を全 6 回に分けてわかりやすく解説します。

SSL/TLS サーバー証明書の発行のミスを削減!準備チェックシートを無料配布中!
「私、Web子!ウェブ関係の部門で働いています」「Web子ちゃん!」「この前頼んだサーバー証明書の発行、進捗どう?」「あ、猫先輩」「そんなのありましたっけ?」「エッ...!?ウェブサイトを安心して利用してもらうために必要だから早めに発行してねってお願いしたやつだよ!」「忘れてました!」「あと2週間なら余裕と思って......まだ何も...」「コラー!!」

SSL/TLS サーバー証明書の発行には準備が必要

SSL/TLS サーバー証明書の発行には準備が必要!Webで手続きしてすぐに発行してもらえるものではないんです!

「『 Web で手続きするだけ』だろうし、すぐに発行してもらえるだろう」

なんて考えていたら、書類や電話、関係者との調整など面倒な作業が発生して、あっという間に 1 週間、2 週間...。
SSL/TLS サーバー証明書を発行するには、手続きや審査が必要です。 はじめての証明書で失敗しないために SSL/TLS サーバー証明書の発行手順を知って準備を整えましょう。

へぇ~!証明書の発行には審査が必要なんですね!
準備から発行完了までどのくらいかかるんですか?
Web 子

へぇ~!証明書の発行には審査が必要なんですね!
準備から発行完了までどのくらいかかるんですか?

手続きに問題がなく、審査が順調に進めば 2 ~ 3 営業日くらいで SSL/TLS サーバー証明書が発行できるよ。初めて手続きをする方なら 1 週間前後くらいかな。時間はかかるけど、そのぶん審査が厳密に行われているから信頼性が高い証明書なんだ!
猫先輩

手続きに問題がなく、審査が順調に進めば 2 ~ 3 営業日くらいで SSL/TLS サーバー証明書が発行できるよ。初めて手続きをする方なら 1 週間前後くらいかな。時間はかかるけど、そのぶん審査が厳密に行われているから信頼性が高い証明書なんだ!

そもそも SSL/TLS サーバー証明書って何?

SSL/TLS サーバー証明書は、サーバーに入れることができる電子的な証明書です。Web サイトの運営組織が実際に存在しているかを証明し、暗号化通信で利用者の情報を守る大事な役割を持っています。

SSL/TLS サーバー証明書は、サーバーに入れることができる電子的な証明書です。Web サイトの運営組織が実際に存在しているかを証明し、暗号化通信で利用者の情報を守る大事な役割を持っています。
そのため、SSL/TLS サーバー証明書は簡単に発行できるものではなく、企業の実在を証明するための審査など、いくつかの手順を踏んだ上でようやく発行できるようになります。

SSL/TLS サーバー証明書についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

サイバートラスト SSL/TLS サーバー証明書の発行の流れ・準備のポイント

サイバートラストの SSL/TLS サーバー証明書証明書の発行は、「Web からのお申込み」→「(サイバートラストによる)審査」→「発行」といった工程で進みます。

サイバートラストの SSL/TLS サーバー証明書証明書の発行は、「Web からのお申込み」→「(サイバートラストによる)審査」→「発行」といった工程で進みます。 お申し込みの内容や審査時にミスや不備があると証明書の発行がストップしてしまうため、事前に準備のポイントを知っておくと安心です。

手続き内容に不備があると、審査がストップしてしまうんですね!
Web 子

手続き内容に不備があると、審査がストップしてしまうんですね!

「申し込み完了から 1 週間たっても発行の連絡が来ない」と思っていたら審査メールを見落としていた。なんて事故も多いみたい。
猫先輩

「申し込み完了から 1 週間たっても発行の連絡が来ない」と思っていたら審査メールを見落としていた。なんて事故も多いみたい。

まずは、証明書の発行の流れを見てみましょう(全 6 STEP)。詳しくは次回からのブログ解説していきます。
作業の全体が捉えられるように、どのような準備が必要になるか簡単に説明します。

SSL/TLS サーバー証明書の発行の流れ(全 6 STEP)

1.SureBoard ユーザー登録

証明書の発行システム「SureBoard」にユーザー登録を行います。

2.CSR(証明書署名要求ファイル)の作成

SSL/TLS サーバー証明書を発行するために必要な証明書署名要求ファイルを用意します。

Point事前にサーバーの管理者や担当者に CSR の作成を依頼しましょう。
Point審査に必要な情報である「申請ドメインの所有者」や「ドメインの登録状況」を WHOIS で確認しましょう。
3.SureBoard から SSL/TLS 証明書 ( SureServer Prime ) を申し込み

「SureBoard」から、SSL/TLS サーバー証明書の申し込みを行います。

Point会社登録に会社法人等番号が必要です。調べておきましょう。※EVを申し込む場合必須。
Point証明書のインストールで使うパスワードを登録します。忘れないよう控えておきましょう。
4.メール+書類による審査

メールによるドメイン利用権の審査と審査用の書類作成を行います。

Point申請ドメインの所有者に審査メールが届くため、受理したか確認しておきましょう。
Point書類には申請者の上司(もしくは代表)の捺印が必要です。※EVを申し込む場合にのみ書類が発生します。
5.電話による審査

代表電話経由で在籍の確認と申込みの意思確認を行います。

Point「申請責任者」に審査のための電話連絡が来ます。
代表電話を経由して電話を繋ぐため、関係者へ事前に電話が来ることを相談しておきましょう。
※EVを申し込む場合は、人事部門、申請責任者の上司への確認も発生します
6.SSL/TLS サーバー証明書の発行

審査完了後、SSL/TLS サーバー証明書の発行完了メールが届きます。証明書と中間証明書をダウンロードしましょう。

Point証明書をサーバーへ組込みする際は管理者や管理会社もしくは担当部門に依頼しておきましょう。
SSL/TLS サーバー証明書の発行作業は担当者1人で完結しない作業がいっぱいあるんですね~!
Web 子

担当者1人で完結しない作業がいっぱいあるんですね~!

SSL/TLSサーバー証明書を準備するときは、事前に関係者に伝えておくとスムーズだね!
猫先輩

事前に関係者に伝えておくとスムーズだね!

次回!SSL/TLS サーバー証明書の申請システムに登録しよう!

SSL/TLS サーバー証明書の準備チェックシート配布中!

SSL / TLS サーバー証明書の準備チェックシート配布中!

「サイバートラストのサーバー証明書を利用したいが申請が不安!」、「申請の際に何をすればよいかわからない!」など、証明書発行の不安を解決する便利なチェックシートをご用意しております。サイバートラストの SSL / TLS サーバー証明書の申請の準備にぜひご利用ください。

メールアドレス 必須

デジタルトランスフォーメーションのための電子認証基盤 iTrust
SSL/TLS サーバー証明書 SureServer Prime
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS