IR 情報

お問い合わせ

プレスリリース

サイバートラストの Secure IoT Platform® が、エムティーアイの医療情報活用サービスでのセキュリティ向上を支援

〜 医療分野におけるセキュアなデータ活用の仕組みを実現し、業界の安心・安全な DX 推進を支援 〜

2021 年 2 月 18 日
サイバートラスト株式会社

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:眞柄 泰利 以下、サイバートラスト)は、IoT 機器の製造から廃棄までセキュアなライフサイクル管理を実現する「Secure IoT Platform® (以下、SIOTP)」が、株式会社エムティーアイ(本社:東京都新宿区 以下、エムティーアイ)が本日より提供開始する新たなヘルスケアサービス「CARADA ブリッジ」に採用されたことを発表します。

企業・自治体・団体向けなど多数のヘルスケアサービスを提供するエムティーアイは、このたび健診機関や医療機関での個人の医療画像データをクラウド上に自動保存するシステム「CARADA ブリッジ」を開発し、本システムにて取得する要配慮個人情報である医療情報データの安全な保存のために、当社のセキュリティ技術を採用しています。本サービスは、生活者・医療機関・自治体などに個々に存在していた情報を一元的に安全に繋ぐことを目指す新しいヘルスケアサービスで、「SIOTP」の利用により、クリニックや健診機関内にある機器の真正性を担保することで、安全にクラウドへの接続とデータ活用できる仕組みを実現しています。

背景

社会のデジタル化が進むとともに、医療情報についてもさまざまなサービスでの活用が進み、医療におけるモノのインターネット「IoMT」(Internet of Medical Things)として利便性が高まる一方、医療機関などがサイバー攻撃の標的になる事例も発生しています。医療機関におけるサイバー攻撃のリスクは、患者の安全に及ぼす影響が大きく、2017 年 5 月 30 日の改正個人情報保護法の執行に合わせて「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」が示されました。近年のサイバー攻撃の手法の多様化・巧妙化と、地域医療連携や医療介護連携などの推進、クラウドサービスの普及に伴い、医療機関などを対象とするセキュリティリスクが顕在化していることへの対応として所要の改定を行い、2021 年 1 月に「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第 5.1 版」 を厚生労働省が発表し、情報セキュリティの観点から医療機関などが遵守すべき事項などを規定しています。

このような背景において、医療情報のオンライン活用には、堅牢なセキュリティの確保によってデータの真正性やデバイスの実在性を担保することが必須であり、暗号化された固有鍵を起点に証明書を用いてこれらを保証できる点を決め手として「SIOTP」が採用されました。エムティーアイは、院内サーバーに蓄積された医療情報を自動保存する際に、「SIOTP」がアクセスするデバイスの実在性を担保することで、データの真正性についても保証することを実現しています。

「CARADA ブリッジ」は、患者が健康診断結果を簡単に閲覧できる専用アプリ『CARADA 健診サポート』と院内データの連携を可能とし、そのデータの暗号化を行う中継器として機能し、証明書を用いたセキュアなデータ転送機能を実現します。この中継器の管理機能として「SIOTP」の「Device Management Console(DMC)」を活用しています。中継器とデバイス管理端末に証明書を導入することにより、DMC で以下の機能を実現可能にしています。

  • 外部通信に対するセキュアな認証機能(SIOTP による証明書管理機能)
  • OTA の機能(セキュアなアプリケーション更新が可能)

エムティーアイは、サイバートラストの「SIOTP」を選択した理由として、機器管理までリモートでできる管理機能と機器の真正性担保によってデータの正当性を保証できる点をあげています。

サイバートラストは、今後さらに進んでいく医療分野でのデジタル化に対して、インターネット上の医療情報システムのセキュリティを担保し、業界の DX 推進を支援します。

医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第 5.1 版(令和 3 年 1 月):
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/0000516275.html
関連 Web サイト

Secure IoT Platform® について:https://www.cybertrust.co.jp/siotp/index.html
「CARADA ブリッジ」について:https://www.carada.jp/

株式会社エムティーアイについて

エムティーアイは、豊富な実績とノウハウを生かし、『music.jp』『ルナルナ』をはじめ、「ヘルスケア」「フィンテック」「音楽・電子書籍」「生活情報」など、ICT を活用し毎日の暮らしを豊かにそして便利にするサービスを提供しています。2012 年にはヘルスケア事業本部を立ち上げ、より多くの人が健康で豊かな生活を実現できるよう、幅広い世代の健康をサポートしています。

サイバートラスト株式会社について

サイバートラストは、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたり提供している認証・セキュリティサービスと、ミラクル・リナックスのカーネル技術やオープンソースソフトウェア(OSS)の知見を応用したオンプレミス、クラウド、組込み領域向けの Linux/OSS サービスを展開しています。また、これらの技術や実績を組み合わせ、IoT をはじめとする先端分野に向けて、「ヒト・モノ・コト」の正しさを証明し、お客様のサービスの信頼性を支えるサービスを推進しています。
「信頼とともに」。サイバートラストは、IT インフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、安心・安全な社会を実現します。

当リリースに関するお問い合わせ先

サイバートラスト株式会社
広報担当:椎名
Web サイト:https://www.cybertrust.co.jp/

※ 本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

SSL/TLS サーバー証明書 SureServer Prime
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS