English

お問い合わせ

プレスリリース

「iTrust 本人確認サービス JPKI ライブラリ」 が スマホによる在留カードおよび特別永住者証明書の IC チップ情報の読み取りに対応

~ 日本国籍を持たない在留外国人の利用者にも銀行口座開設や携帯電話の契約など、さまざまなサービスにおける本人確認のデジタル完結を支援 ~

2020 年 3 月 26 日
サイバートラスト株式会社

サイバートラスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 眞柄 泰利 以下、サイバートラスト)は、ビジネスプロセスのデジタル化を実現するトラストサービス 「iTrust(アイトラスト)」シリーズの 「iTrust 本人確認サービス JPKI ライブラリ」が、2020 年 3 月 31 日より在留カード※1 および特別永住者証明書の IC チップに記録された本人確認情報の読み取りに対応したことを発表します。このたびの対応により、マイナンバーカードと運転免許証に加えて在留カードと特別永住者証明書で「iTrust 本人確認サービス JPKI ライブラリ」を利用可能になりました。

「iTrust 本人確認サービス」は、マイナンバーカードに格納されている公的個人認証(JPKI)の電子証明書や運転免許証に格納されている IC チップからの本人確認情報の読み取りにより、犯罪収益移転防止法※2 (以下、犯収法)などで求められる本人確認のデジタル完結を支援するクラウドサービスです。
このたび在留カードと特別永住者証明書の IC チップ読取りに対応することで、日本国籍を持たない在留外国人の利用者にも銀行口座開設や携帯電話の契約、クレジットカード申込みなど、さまざまなオンラインサービスにおける本人確認のデジタル完結を支援します。本ライブラリは、サービス事業者に以下の機能を提供します。

  • カード種別の取得(在留カードまたは特別永住者証明書)
  • 券面画像情報の取得(券面表画像、顔画像)
  • 裏面記載情報の取得(住居地、資格外活動包括/個別許可欄、在留期間等更新申請欄)

このたびの在留カードと特別永住者証明書の IC チップ読取り対応では、各々の本人確認書類の券面情報(顔写真など)を IC チップから読み出し、また読み出した券面情報の真正性を確認します。


利用イメージ

aspiration-cybersecurity-figure.jpg


背景

さまざまなオンラインサービスにおいて、サービス提供までの手続きの迅速化や業務の効率化、コスト削減などの観点から本人確認のデジタル完結の重要性が高まっています。
犯収法施行規則では、オンラインでのデジタル完結を実現する本人特定の確認方法(eKYC:eKnow Your Customer)として、従来「マイナンバーカードの公的個人認証による本人確認」が認められていました。2018 年 11 月 30 日の同法施行規則改正では、従来の公的個人認証に加えて、免許証などの写真付き本人確認書類と本人画像などの組み合わせによるオンラインでのデジタル完結の本人確認方法が追加されました。
また、本改正では 2020 年 4 月 1 日の施行として、なりすましによる不正事例を防止するため非対面取引における本人特定事項の確認方法が厳格化されました。この厳格化により、顧客から本人確認書類の送付を受けて顧客宛に転送不要郵便物等として送付する確認方法の場合、送付が必要な書類が増え本人確認書類の写し 2 点などとともに本人確認書類に記載された住所に取引関係文書を転送不要郵便で送付することが求められます。これにより、郵便コストや郵送時間の課題に加えて、本人確認書類の目視確認が必要であるためサービス事業者の確認業務の負荷が増加します。
これに対して本人確認書類の IC チップに記録された情報を用いる場合は、顧客宛ての転送不要郵便の送付は必要なく、該当情報の署名検証により目視確認が不要なため、サービス事業者の業務負担を軽減可能です。

サイバートラストの「iTrust 本人確認サービス JPKI ライブラリ」は、本人確認書類の IC チップに記録された情報の読み取りが可能なため、犯収法施行規則改正によるサービス事業者の課題に対応し、バックオフィス業務を含む本人確認の 100% デジタル完結を支援します。サイバートラストは、今後も金融機関や FinTech 事業者の本人確認業務に要する業務負担や各種費用の削減を支援し、信頼性の高い電子取引を実現するためのトラストサービスにより、安心・安全なデジタル社会の実現に貢献します。


「iTrust 本人確認サービス JPKI ライブラリ」について

「iTrust 本人確認サービス JPKI ライブラリ」は、バックオフィス業務を含めた完全な本人確認のデジタル完結を支援するためのスマートフォン専用のライブラリです。お客様のスマートフォンアプリケーションに組み込んで利用することで、簡素な手続きで利便性を損なわず、確実な本人確認を支援します。

「iTrust 本人確認サービス JPKI ライブラリ」は以下の機能を提供します。

  • 犯罪収益移転防止法施行規則第六条 1 項 1 号のル)のマイナンバーカードの IC チップに格納されている公的個人認証を用いた本人確認に関わる各種処理および基本 4 情報の読み取り
  • 犯罪収益移転防止法施行規則第六条 1 項 1 号のへ)およびト)の写真付き本人確認書類の IC チップに記録された本人確認情報の読み取り
  • マイナンバーカードの IC チップに記録されたマイナンバーの読み取り

関連 Web サイト

※1
在留カードとは: 日本に中長期間在留する外国人に対して交付されるカードで、法務大臣が日本に中長期間滞在できる在留資格および在留期間をもって適法に在留する者であることを証明する「証明書」になります。カードには、顔写真と氏名、生年月日、性別、国籍・地域、住居地、在留資格、在留期間、就労の可否など、法務大臣が把握する情報の重要部分が記載されます。
※2
犯罪収益移転防止法(正式名称:「犯罪による収益の移転防止に関する法律」)とは: 犯罪によって得られた不当な収益を隠す行為を防止するための法律。金融機関等の取引時に顧客が本人と一致しているかを確認する決まりなどを定めています。2018 年 11 月 30 日に「犯罪による収益の移転防止に関する法律施行規則の一部を改正する命令」が公表され、オンラインでのデジタル完結を実現する本人確認方法などを新設しています。

サイバートラスト株式会社について

サイバートラストは、日本初の商用電子認証局として 20 年以上にわたり提供している認証・セキュリティサービスと、ミラクル・リナックスのカーネル技術やオープンソースソフトウェア(OSS)の知見を応用したオンプレミス、クラウド、組込み領域向けの Linux/OSS サービスを展開しています。また、これらの技術や実績を組み合わせ、IoT をはじめとする先端分野に向けて、「ヒト・モノ・コト」の正しさを証明し、お客様のサービスの信頼性を支えるサービスを推進しています。
「信頼とともに」。サイバートラストは、ITインフラに関わる専門性・中立性の高い技術で、安心・安全な社会を実現します。

当リリースに関するお問い合わせ先

サイバートラスト株式会社
広報担当:椎名・河原
TEL:03 - 6234 - 3800
メール: press@cybertrust.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は、当社または各社、各団体の商標もしくは登録商標です。

サイバートラストのテレワークソリューション
採用情報ページ リニューアル
組込み Linux にプラスして 長期間の製品ライフサイクルをサポート EM+PLS