English

お問い合わせ

生産設備の稼働状況「見える化」で納期遅延リスクを軽減

背景 / 課題

機器やデバイスの故障により、生産ラインが止まってしまうことがある。パトランプ(信号灯)点灯の見落としや、管理者への停止アラートが遅れたり、部品の原因箇所がすぐには把握できない場合、ダウンタイムによるビジネスへの影響が大きい。

解決 / 導入効果

セキュア IoT プラットフォームであれば、外部ツールとの連携で故障予知が可能となります。異常を検知した時点で、部品交換などのメンテナンスを行い、故障を未然に防止できるため、機器のダウンタイムによるビジネスへの影響をなくすことができます。
設備毎・生産設備の機種毎に故障率を分析することで、修理・交換が必要な設備の洗い出しや生産工程の見直しにもデータを活用できます。

セキュア IoT プラットフォーム:生産設備の予知保全

製品・サービス・ソリューション

セキュア IoT プラットフォーム

セキュア IoT プラットフォームの構造

メリット

  • 部品交換費用の削減
  • メンテナンス人員の人件費削減
  • ダウンタイム回避による効率化
  • 検査員の後継者問題回避
  • 納期遅延リスク軽減
  • 異なるメーカー設備の稼働状況を一元管理

担当からの一言ポイント

問題が発生する際の異常を検知して、問題がある部品を交換し、問題が無い部品はそのまま継続して使用するため、無駄な部品交換を防止できます。
機器の監視データはセンシングデバイスで取得後、セキュアな環境を通してストレージされます。

セキュア IoT プラットフォームについてのご相談やご質問は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問合せ内容 必須
※なるべく詳しくご記入ください。
お名前 必須
メールアドレス 必須
※入力間違いにご注意ください。
電話番号 必須
法人名 必須
※会社名・学校・団体名。個人の場合は個人とご記入ください。
部門名
詳しくはサイバートラストのプライバシーポリシーをご覧ください。